Mainstream Renewable Powerが監査済み2018年決算を発表

共同通信PRワイヤー / 2019年5月21日 16時21分

Mainstream Renewable Powerが監査済み2018年決算を発表


AsiaNet 78830 (0898)



【ダブリン2019年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】風力・太陽光発電の世界的開発事業者であるMainstream Renewable Power(メインストリーム・リニューアブルパワー)(以下「Mainstream」または「同社」)は21日、監査済みの2018年12月31日まで12カ月間(以下「同期」)の決算を発表した。


▽主要点


財務:同社変革の1年

*スコットランドの450メガワット(MW)のNeart na Gaoithe風力発電所プロジェクトをEDF Groupに成功裏に売却したことによる4億8750万ユーロの記録的利益(2017年は550万ユーロの赤字)

*全企業債務の返済(7300万ユーロ)

*DNB Bank ASAとHSBC Bank PLCから9000万ユーロのトレードファシリティーを獲得。これは合意すれば2億ユーロまで拡大可能で、世界的な大規模開発機会を求める自由を与える

*2019年にさらに7億-8億ユーロのプロジェクトファイナンスを調達の見込み

*2018年9月の大規模な自社株買戻しでエディー・オコナー創業者と従業員、小口個人投資家ベースの中核株主構造の非公開企業に復帰


業務:他のどの独立開発業者より多い持続可能メガワット

*10.5ギガワット(GW)以上の開発中の新プロジェクト

*707MWが建設中

*804MWは稼働のため引き渡し済み

*Carbon Disclosure Projectの認定:A- に格付け(最上位)

*2017年に推定正味99万8340トンのCO2排出を防止

*世界的野心に沿って進出を拡大:エディンバラ、コロンビア、シンガポール、オーストラリアに新事務所を開設


展望:世界的な再生可能エネルギーのメジャーを目指す

*Mainstreamは世界的な洋上風力分野だけでなく、中核のアジア太平洋、中南米、アフリカ市場全体で飛躍的な拡大・成長を推進できる非常に好位置にある。


中南米

*チリではすでに100人の強力なチームを擁する最大の再生可能エネルギー開発事業者

*1.3GWのAndes Renovablesプラットフォームの2021-22年商業運転実現に注力

*Actis (Aela Energía)との合弁事業の一環でチリのSarco、Aurora両プロジェクト(299MW)を建設中、2019年後半に商業運転の見通し

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング