第4回「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」開催しました

共同通信PRワイヤー / 2019年5月26日 14時30分

写真

2019年5月26日


認定NPO法人国連WFP協会


2019年は1,658人が参加!

第4回 「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」開催しました

約129万円の寄付金を通じ、途上国約43,040人の子どもたちに給食を届けます


 NPO法人 国連WFP協会(神奈川県横浜市・会長 安藤宏基)は5月26日、子どもたちの飢餓をなくすためのチャリティーウォークイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」を、万博記念公園で開催しました。イベントには親子連れなど1,658人が参加し、公園内の見どころを巡りました。



【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905266780-O1-Ptj2wJHb

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905266780-O2-lX4A55M9

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905266780-O3-20kcn5hE


 WFPウォーク・ザ・ワールドは、途上国の子どもたちの飢餓撲滅を推進するチャリティーウォークです。参加費の一部は、国連WFPの「学校給食支援」に寄付されます。日本では横浜で2005年から(2011年を除き)毎年開催しており、今年5月12日に14回目を開催しました。

第4回目を開催した大阪では青木愛さん(元アーティスティックスイミング日本代表)がゲストとして参加し、5キロのコースを歩きました。1,291,220円の寄付金を通じ、途上国約43,040人の子どもたちに給食を届けます。


 開会式で安藤会長は、「今日は暑い天候の中、1,658人という昨年度より約30%多くの方にご参加いただき、大変感謝しております。参加費用の一部を途上国の子どもたちの給食として寄付いたします。途上国では児童の強制労働が当たりですが、学校へ行けば食事と勉強ができます。これが飢餓から脱する仕組みの一つです。皆さまの寄付金がそのようなことに役立っています。今後は全国的に展開していきたいと思っております。」とあいさつしました。


 また、青木さんは、「世界にはまだまだ成長期にも関わらず、食事を取れていない子ども達がたくさんいるとに聞いています。今日は一人でも多くそういった子どもたちに学校給食を届けられるように、皆さん楽しく元気に歩きましょう。」と話しました。


<開催概要>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング