【1位はフォーティエイト】アクセス数から見る2019年上半期人気中古バイクランキングを発表

共同通信PRワイヤー / 2019年6月25日 10時53分

写真

2019年上半期人気中古バイクランキング

2019年6月25日


NTTレゾナント株式会社


アクセス数から見る2019年上半期人気中古バイクランキングを発表

「XL1200Xフォーティエイト」が首位



 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、ポータルサイト「goo」のアクセスログと株式会社NTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味・関心を分析しています。

 今回は「goo自動車&バイク」における中古バイクカテゴリーの車種別ページビュー数(以下PV数)から、どのバイクが中古バイク市場では人気なのかを調査。人気の中古バイクをランキング形式で発表します。


1. 2019年上半期人気中古バイクランキング(調査期間:2019年1月1日~2019年6月11日)


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906247846-O1-6ddi1g7O

 2019年上半期人気中古バイクランキング1位は「XL1200X フォーティエイト」となりました。アメリカのオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンが生産するバイクです。1200ccもの排気量を持つバイクですが、ピーナッツタンクが7.9Lと容量が少なく、外観はコンパクトになっています。このコンパクトな車体が日本の街乗りにも適しており、人気の要因と考えられます。


 2019年上半期人気中古バイクランキング2位は「モンキー」となりました。1967年に販売開始した原動機付自転車であり、ロングセラーモデルです。2017年に排出ガス規制があり、一度、生産終了しました。しかし、2018年7月に「モンキー125」と小型自動二輪車に形を変えて再販売を開始。「goo自動車&バイク」の中古バイクカテゴリーでPV数が同月から大きく伸び、2019年に入っても注目が続き、人気のバイクとなりました。


 2019年上半期人気中古バイクランキング3位は「ズーマー」となりました。2001年に販売開始した原動機付自転車であり、国内外で人気のバイクです。「モンキー」と同様、2017年に排出ガス規制のため販売終了となっています。新車を購入できなくなった影響で、中古市場では人気が高く、「goo自動車&バイク」でも多くのユーザーから支持され続けています。


2. 「goo+dランキング」について( https://ranking.goo.ne.jp/good/ )

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング