モーフィアスがマカオで初めてベルサイユ賞を受賞

共同通信PRワイヤー / 2019年6月24日 21時29分

写真

モーフィアス

2019年6月24日


メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社


モーフィアスがマカオで初めてベルサイユ賞を受賞

シティ・オブ・ドリームスの超高級ホテルプロジェクトが

中央および東北アジアのホテル部門で一流建築・デザイン賞を受賞


[2019年6月21日金曜日マカオ発]

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(以下、メルコリゾーツ)のモーフィアスは、マカオで初めてベルサイユ賞を受賞しました。中央および東北アジアのホテル部門で権威ある賞を受賞し、建築および設計を称賛されたモーフィアスは、デイムの称号を持つ故ザハ・ハディドが設計した世界初の自由造形による外骨格型高層建築です。ベルサイユ賞は、建築と設計を持続可能で環境に優しい社会的・文化的発展のためのツールに変えるという任務を伴うインスピレーション、発展および受け入れを称える賞です。モーフィアスを含む大陸賞は独立した審査員によって選出され、賞のワールドワイドフィナーレは、2019年9月12日にパリにあるユネスコ本部で開催されます。


モーフィアスは、メルコの旗艦統合型リゾート、シティ・オブ・ドリーム マカオで始まった11億ドルをかけた最新の超高級ホテルプロジェクトです。今回の功績は、開業からわずか2ヵ月でタイム誌が選ぶ「2018年の世界で最も素晴らしい場所」の1つとして称賛されたこと、世界で最も閲覧数の多い建築専門サイトArchDailyで「ビルディング・オブ・ザ・イヤー2019」に選出されたことに続く快挙です。さらに最近では、アジア・パシフィック・プロパティ・アワード2019においてマカオのホテル建築部門および新ホテル設計・デザイン部門で最優秀賞を受賞しています。



メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者は、次のように述べています。「モーフィアスが2019年ベルサイユ賞という立派な賞をいただき、建築および設計のすばらしさを認めていただけたことを嬉しく思います。審査員の皆様には、持続可能で環境に優しい社会的・文化的発展に対する当社の献身を認めていただき、感謝します。この賞により、ゲーミングを超え、ラグジュアリーホスピタリティの水準を引き上げる世界のプレミアムブランドとしてのメルコの地位は、今後さらに強まっていくでしょう。ザハ・ハディドおよび彼女の才能溢れるチームも含めた、シティ・オブ・ドリームスのモーフィアスの成功と功績を維持するために貢献している当社の協力者の皆様に感謝と祝辞を申し上げます。メルコは、マカオだけにとどまらず、その他の地域においても、世界一を象徴するような施設を開発し続けるよう努めるつもりです。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング