Pro-faceブランドからHTML5対応産業用ディスプレイ STW6000シリーズを発売

共同通信PRワイヤー / 2019年10月18日 11時0分

写真

2019/10/18


シュナイダーエレクトリック


Pro-faceブランドからHTML5対応産業用ディスプレイ STW6000シリーズを発売


エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、本日2019年10月18日にHMI(プログラマブル表示器)のリーディングブランド「Pro-face by Schneider Electric」からシンクライアントタイプの産業用ディスプレイ「STW6000シリーズ」を発売します。これまでのパソコン用の産業ディスプレイのラインアップに加え、今回新たにWebサーバー用の表示端末を発売し、産業用ディスプレイの選択の幅を拡大します。


「STW6000シリーズ」は、Webサーバー搭載の産業機器やパソコンアプリケーションなどの監視・操作が行えるHTML5対応ブラウザーを搭載したディスプレイです。

近年、Webサーバー搭載の産業機器やWebサーバー機能をもつソフトウェアのニーズが増加傾向にあります。これまでは汎用PCやタブレットなどを表示・操作端末として使用しているケースが多かったのですが、管理を容易にするためブラウザーに特化したシンプルなディスプレイが欲しいという声や、工場などの環境に適した仕様のものが欲しいという声に応え「STW6000シリーズ」を開発しました。ブラウザーに特化したシンプルなディスプレイで、過酷な現場用途を考慮した保護構造IP65Fの耐環境性を確保し堅牢性を備えています。

また、HTML5対応の Web サーバー搭載機器に加え、シュナイダーエレクトリックブランドのPLCやモーションコントローラー、インバーター、および、グループ企業のアヴィバ (AVEVA) の産業用ソフトウェア群(InTouch Edge HMIなど)と事前の検証を行っているためスムーズな連携が可能です。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910172251-O1-Ui3laL3b


STW6000シリーズ 製品特長

1. HTML5対応のブラウザーを搭載

2. 安全な通信セキュリティー認証 Achilles LevelIを取得

3. FA使用の耐環境性能(IP65F)

4. 色鮮やかな表示

最大1600万色のTFTカラー液晶を採用

5. 豊富なサイズバリエーション

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング