約6割が「大掃除」の時短・省力化を意識 年末の家庭でも「働き方改革」が進行中!?

共同通信PRワイヤー / 2019年11月14日 11時0分

写真

2019年11月14日


クリナップ株式会社


約6割が「大掃除」の時短・省力化を意識

年末の家庭でも「働き方改革」が進行中!?

大掃除からの解放、カギは「自動化」にアリ!

大掃除から解放されたい場所、1位は「レンジフード・換気扇」


キッチン専業メーカーのクリナップ株式会社は、これから本格化する大掃除シーズンにあわせて、20~60代の既婚女性500名を対象とした、「年末の家仕事」に関する調査をおこないました。調査結果からは、年末のおせちづくりや大掃除などにおいても、ビジネスシーン同様に「働き方改革」が進んでいることがわかりました。


<調査概要>

・調査名:「年末の家仕事」に関する調査

・調査対象:20~60代 既婚女性 500名(年代別均等割付)

・調査期間:2019年10月16日~17日

・調査方法:インターネット調査



あわただしい年末シーズン…それでも7割超が「大掃除」を予定!


何かとあわただしい年末シーズン。仕事おさめ、帰省、お正月の準備などで時間に追われ、貴重な冬休みがあっという間に過ぎ去ってしまうと感じる人も多いのではないでしょうか。


こうした背景をふまえ、今回の調査では、まず「今年の年末に予定していること」について質問。その結果、「大掃除」(73%)、「年賀状の作成」(63%)、「年越しそばの準備」(54%)、「お年玉の準備」(51%)などの回答が多くあがり、年末ならではの家仕事を抱える主婦たちの様子が浮き彫りになりました。中でも、1位の「大掃除」については7割以上の人が予定をしており、年末の多忙な時期でもしっかり掃除をしておきたいと考えている人が多いことがわかります。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201911123397-O1-71IypW6i



​忙しいからこそ、効率を重視! 年末の家庭にも「働き方改革」の波


ただし、その一方で「年末にやることを減らすために工夫していることがありますか?」と聞いた質問では、実に半数以上(52%)が「ある」と回答。具体的には、「おせちは手作りをやめて購入している」(65歳)、「年賀状は廃止して、必要な人にはSNSで挨拶をする」(54歳)などの声がみられました。昨今、ビジネスシーンにおいて「働き方改革」が推進されていますが、年末の家庭においても時短・省力化は着実に進んでいると言えるでしょう。


さらに、7割超が予定をしている「大掃除」に関しても、57%と6割近くが「時短や省力化を意識している」と回答。忙しいからこそ、やるべきことを意識した上で、そのタスクを効率よく減らすための工夫をしている人が多いようです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング