地区大会を突破した精鋭が集う本大会開催迫る!第8回手帳甲子園 2/1(土)東京国際フォーラムにて。

共同通信PRワイヤー / 2020年1月22日 11時0分

写真

2020年1月22日


株式会社NOLTYプランナーズ


中高生による感動の成長プレゼンテーションイベント。


全国の中学生・高校生が「手帳の使い方」を通して自分自身にどんな変化や成長があったのかを表現する『手帳甲子園』。

その優秀賞受賞者によるプレゼンテーションイベントが、開催されます。

主催は、日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)関連法人の株式会社NOLTYプランナーズ(東京都中央区/代表取締役 髙梨文明)。


手帳甲子園は今回で8回目で、中高生に手帳を書く習慣を根付かせ、

「書く力」や自己管理・目標管理スキルを伸ばすことを目標としています。

また、2020年からはじまる高大接続改革とも連動し、中学校・高等学校での学園生活をより主体的で充実したものに変えるために、どんなことが必要なのか考える機会を提供します。


2月1日(土)東京国際フォーラムにて本大会を開催。

地区大会にて最優秀賞に選ばれた各地区の公立・私立の中高生がプレゼンターとしてステージに立ち、熱いプレゼンテーションを行います。


◆日時 2020年2月1日(土)15:15~18:00

◆場所 東京国際フォーラム ホールD7(受付:ホールD5)千代田区丸の内3丁目5-1




活用部門(地方大会突破者)

1.青森県立青森工業高等学校 2年生

2.鹿児島県立武岡台高等学校 1年生

3.福山暁の星女子高等学校 1年生

4.東京都立小山台高等学校 1年生

5.創価高等学校 1年生

6.岐阜東高等学校 2年生


表紙デザイン部門

1.富山県立砺波高等学校 3年生

2.江東区立深川第七中学校 3年生

3.白鷗大学足利高等学校  2年生

4.富士市立富士川第二中学校  2年生

5.埼玉県立大宮光陵高等学校  1年生


関連URL:https://kyodonewsprwire.jp/release/202001175801

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング