「リンヴォック(R)錠」について、関節リウマチ患者の治療薬として、日本における製造販売承認を取得

共同通信PRワイヤー / 2020年1月23日 14時5分

2020年1月23日


アッヴィ合同会社


アッヴィ、「リンヴォック(R)錠」(ウパダシチニブ水和物)について、既存治療で効果不十分な関節リウマチ患者さんの治療薬として、日本における製造販売承認を取得


●リンヴォック(R)はJAK阻害薬であり、既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)を効能又は効果とする、1日1回経口投与の新たな治療選択肢

●4,900名を超える中等度から重度の関節リウマチ患者さんを評価した大規模SELECT第III相試験のうち、5つの国際共同第Ⅲ相試験と国内第Ⅱb/Ⅲ相試験データに裏付けられた承認1-6

●SELECTプログラムの結果、ウパダシチニブは単独療法および従来型合成DMARDとの併用療法のいずれにおいても、関節リウマチの徴候および症状の改善、X線画像上の関節破壊進行抑制、および身体機能の改善を達成1-6



アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ)は本日、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬リンヴォック(R)錠(ウパダシチニブ水和物)について、既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)を効能又は効果とする製造販売承認を取得しました。リンヴォック(R)は低分子のJAK阻害薬で、1日1回投与の経口薬剤です。本承認により、リンヴォック(R)は中等度から重度の関節リウマチ患者さんに対して、従来型合成DMARDとの併用および非併用に関わらず、簡便な投与方法で高い効果が得られる、新たな治療選択肢となります。


本承認について、産業医科大学医学部 第1内科学講座 教授の田中良哉先生は、次のように述べています。「関節リウマチ治療は進化していますが、治療の選択肢が増え、治療アルゴリズムが確立された現在においても、未だ臨床的寛解を達成できていない患者さんや、治療に満足していない、あるいは治療の継続が困難な患者さんが存在しています。そこで、1日1回、1錠の経口投与によりアダリムマブを上回る効果を示したウパダシチニブが、関節リウマチ患者さんの新たな治療選択肢となり、QOL向上に寄与することを期待しています」


今回の承認は、4,900名を超える中等度から重度の関節リウマチ患者さんを評価したウパダシチニブのグローバルSELECT第III相関節リウマチプログラムのうち、5つの国際共同第III相試験データおよび国内第Ⅱb/Ⅲ相試験データ(SELECT-SUNRISE)に基づいています1-6。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング