「プレミスト郡山Station Cross(ステーションクロス)」概要決定

共同通信PRワイヤー / 2020年7月10日 13時29分

写真

2020年7月10日


大和ハウス工業株式会社

代表取締役社長 芳井敬一

大阪市北区梅田3-3-5 


■郡山駅より徒歩6分 福島県最大級の分譲マンション

「プレミスト郡山Station Cross(ステーションクロス)」概要決定


 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、福島県郡山市「大名艮(だいなごん)エリア」において、福島県最大級(※1)の分譲マンション「プレミスト郡山Station Cross(ステーション クロス)」(地上15階建て、総戸数160戸)を建設中ですが、その概要が決定しましたので、お知らせします。

 なお、2020年7月下旬よりマンションギャラリーをグランドオープンし、同年9月中旬より販売開始を予定しています。

※1. 当社調べ。


 当社は「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、より資産性が高く、社会やお客さまにとってより付加価値の高いマンションの供給を目指し、事業を推進しています。福島県内においては、1989年より60棟3,101戸を供給しています。

 現在建設中の「プレミスト郡山Station Cross」は、当社として福島県内初のJV開発事業で、郡山市中心部にふさわしい魅力と賑わいのある街づくりを推進するため、「東宿再開発地区計画」として指定された地区内に建設する分譲マンションです。 

 本物件は、交通利便性に富む場所に建設される、共用施設も充実した郡山駅前の新たなランドマークとなる分譲マンションです。


●ポイント

1.郡山市「東宿再開発地区計画」内での分譲マンション開発

2. JR東北本線「郡山駅」から徒歩6分の生活利便性を備えた立地

3.福島県最大級を誇る地上15階建て総戸数160戸の郡山駅前の大規模分譲マンション


1.郡山市「東宿再開発地区計画」内での分譲マンション開発

 「東宿再開発地区計画」は、郡山市中心部にふさわしい魅力と賑わいのある街づくりを推進する計画です。「プレミスト郡山Station Cross」の敷地内には、市民生活や地域間交流を高める施設として、建設地西側に「公開空地」(約220㎡)を設置します。

 「公開空地」には、遊歩道や植栽、ベンチを配置。災害時に使用可能なかまどベンチやマンホールトイレも設置し、地域防災にも貢献します。

 また、植栽は四季を感じられるよう、春には「ソメイヨシノ」、夏には「ヤマボウシ」や「サルスベリ」、秋には「イロハモミジ」、冬には「ソヨゴ」等を楽しめるよう配置しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング