1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「四国銘酒88 おへんろ絵巻」 発売1か月で大きな話題に

共同通信PRワイヤー / 2021年4月14日 8時30分

写真

四国の酒蔵と四国遍路の初のコラボ商品で、四国遍路世界遺産登録への機運を高める


2021年4月14日

四国遍路世界遺産登録祈願プロジェクト


今年3月から始まった「四国遍路世界遺産登録祈願プロジェクト」の第一弾として商品化した、日本酒の家呑みセット「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、3月3日に発売して以来、購入者や賛同者の輪が着実に広がっています。


 ■四国の新たなブランド価値づくりを目指して

 「四国遍路世界遺産登録祈願プロジェクト」(以下、当プロジェクト)は、四国を代表する歴史的文化「四国遍路」を全国に向けて広く紹介し、さらにそのブランド価値を四国地域の産業振興に活用することで、世界遺産登録への機運を高めていくための取り組みです。

 当プロジェクト実行委員会事務局のセーラー広告(高松市)では、広告やイベントなど従来の基幹事業とは異なる視点から、四国の新たなブランド価値づくりを目指しています。

 また、当プロジェクトの売り上げの一部は四国八十八ヶ所霊場会と四国遍路世界遺産登録推進協議会に寄付します。【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104133630-O3-un1ZuQxk


■四国遍路と酒蔵がコラボして四国のイメージを全国・世界へ発信

 企画のきっかけは、コロナ禍でお酒の販売が激減したという酒造会社社長からの相談でした。「飲食店の時短営業や宴会需要の減少で、お酒を造っても売り先がない。酒米の仕入れなど周りにも影響が出ている」というのです。

 一方、四国八十八ヶ所霊場の各寺も、海外や日本各地からの遍路客や参拝客が例年の10分の1程度にまで落ち込み、高まりつつあった世界遺産登録推進活動も気勢が削がれた状態でした。

 危機感を感じている酒造会社社長、四国八十八ヶ所霊場会担当者と共に、活性化につながるアイデアを考えていたところ、「四国の霊場と酒蔵がコラボして付加価値のある商品を作り発信すれば、全国的に話題を集めることができ、両者にとってプラスの効果が生まれるのではないか」という案が浮かびました。


■遍路の旅×いい地酒

 この地に古くからある酒蔵と霊場は、どちらも地域のブランドイメージを形成するアイコンであり、「地域の伝統文化の一部である」、「日本全国に幅広くコアなファンがいる」、「旅の目的ともなる」など、多くの共通点があります。このふたつを一つにすれば相乗効果が生まれ、霊場、酒蔵がお互いに応援し合い支え合うことができ、また四国のイメージを全国や世界に発信することで、地域活性化にもつながると考えたものです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング