接客業アルバイトの30代女性がコロナ感染 滋賀県内、累計108人に 16日発表

京都新聞 / 2020年7月16日 17時58分

滋賀県庁

 滋賀県は16日、大津市在住の30代接客アルバイト女性が新型コロナウイルスに新たに感染したと発表した。県内での感染確認は累計108人となった。

 県によると、女性は京都市内の接客を伴う店で夜間週1回働いていた。感染者とみられる同僚と店で8日に会話し、11日に発熱。16日にPCR検査で陽性と分かった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング