国民・泉政調会長、分党提案に「説得したい」 玉木代表へ翻意促す考え「団結は可能」

京都新聞 / 2020年8月11日 23時13分

泉健太氏

 国民民主党の泉健太政調会長(衆院京都3区)は11日、玉木雄一郎代表が立憲民主党との合流新党不参加を表明したことを受け、「我々と共に行動してもらえるよう説得したい」と翻意を促す考えを示した。

 泉氏は両党の幹事長、政調会長の4者による新党の綱領作成に携わった。玉木氏が重視する消費税減税など個別の政策は綱領に盛り込むよう指示を受けていないとして、「大同団結は可能」と述べ、立民と理念は共有しているとの認識を改めて示した。

 泉氏によると、玉木氏が提案する「分党」は、党としての決定事項ではないとし、「仲間たちがやむを得ず、たもとを分かつ場合」の手法の一つだという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング