1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

アパート火災の遺体、地元警察署の幹部と確認

京都新聞 / 2021年4月21日 22時41分

警備課長が勤務していた東近江警察署

 21日午前7時35分ごろ、滋賀県東近江市八日市緑町の2階建てアパート「レオパレス The CLASH」から煙が出ていると、隣人から119番があった。滋賀県警東近江署や東近江行政組合消防本部によると、2階一室25平方メートルのうち16平方メートルが焼け、室内から住人の東近江署警備課長の男性(38)が心肺停止状態で見つかり、死亡が確認された。東近江署が出火原因などを調べている。

 東近江署によると、警備課長は昨年3月の定期異動で警部に昇任し着任。単身で同アパート暮らしをしてていた。21日は勤務の予定だったという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング