1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

来年開館の祈念館展示品が焼失、京都・宇治のウトロ火災 セウォル号学生ら制作の看板も

京都新聞 / 2021年8月31日 14時1分

ウトロ地区の火災現場を調べる消防関係者ら(31日午前10時10分、宇治市伊勢田町)

 京都府宇治市伊勢田町ウトロ地区で空き家など7棟が焼けた30日の火災で、太平洋戦争中に計画された京都飛行場建設に携わった朝鮮人労働者や子孫らの歴史を紹介するため、来年4月に同地区にできる「ウトロ平和祈念館」の展示予定品の一部が燃えたことが31日、分かった。関係者によると、2014年に韓国の珍島沖で発生した旅客船セウォル号沈没で生き残った学生が寄せた連帯メッセージの立て看板も含まれていた。

 セウォル号沈没事故で、当時高校生だった生存者約20人は18年に同地区で3日間滞在。心に傷を負い、生きる意味を探す旅の一環で、同地区に多く暮らす在日コリアンらと交流を深めた。立て看板は滞在中に作製し、ハングルと日本語で、友人らを失った自分たちの思いと、ウトロが歩んできた苦難の歴史を重ねるような詩を書き、チョウや植物の絵も描いていた。

 ウトロ町内会の役員、金秀煥(キムスファン)さん(45)は「ウトロは住民と支援者が協力してきた歴史があり、その一部が燃えてしまったのが悔しい」と肩を落とす。

 展示予定品約70点のうち燃えたのは、同地区に残る食器棚など古い生活道具を含めて約10点で、焼けた空き家の1棟で保管していた。同地区で唯一残る戦時中の労働者宿舎「飯場(はんば)」も祈念館に移設・復元する予定で、解体した部材を火災現場近くで保管していたが、かろうじて焼失を免れた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング