アンチエイジングにも◎栄養士が教える「そら豆」レシピ2つ

LAR - Life & Aging Report / 2018年4月25日 12時0分

4月〜6月にかけて旬を迎える「そら豆」は、ホクホクとした実と独特の香りが人気です。そんなそら豆は、アンチエイジングにも効果的ということをご存知ですか?

今回は、管理栄養士の筆者が、そら豆の美容成分、新鮮なものの見分け方、保存方法、レシピをご紹介します。

■美容にも◎!そら豆の栄養成分とは

春が旬のそら豆は、全体の10%がたんぱく質でできています。その他にも「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンC」「銅」「鉄」「カリウム」などを含みます。これらの栄養素は、アンチエイジングに効果的なものばかりです。

ビタミンB1とビタミンB2

細胞の新陳代謝を高め、肌や粘膜の健康を保ちます。

ビタミンC

美肌に欠かせない「コラーゲン」を生成するのに役立つ栄養素です。また、抗酸化作用があり、活性酸素から身体を守ってくれます。

鉄と銅

血液に関係する栄養素です。鉄は、「ヘモグロビン」を構成し、銅は鉄を運ぶ役割があります。

カリウム

身体のむくみを解消してくれます。塩分が多い食事を摂る時は、カリウムを含む食材を積極的に摂取しましょう。

■新鮮なそら豆の見分け方

そら豆は、鮮度が落ちやすい食材です。

さやが濃い緑色で、筋が変色していないものが新鮮なしるしです。表面の産毛が取れていないかどうかも、鮮度を見分ける指標になります。さやが黒くなっているものは、鮮度が落ちているので避けましょう。

また、むき身よりも、さや入りのものを選ぶことがポイントです。さやから出した途端、どんどん風味が落ちてしまうからです。紫外線に当たると、「ビタミンB群」が分解されてしまうため、栄養素を守るためにもさや入りのものをおすすめします。

■そら豆の保存方法

鮮度が落ちやすい食材のため、購入したらできるだけ早く食べきりましょう。すぐに食べきれない場合は、薄皮がついた状態でフリージングバッグに入れて冷凍保存することがおすすめです。

より風味を残して保存したい場合は、さやごとフリージングバッグに入れて冷凍保存するという方法もあります。

解凍方法は、薄皮ごと軽く塩茹でするか、電子レンジで解凍するとよいでしょう。さやつきの場合は、凍ったままグリルで焼くこともできます。

■そら豆の簡単レシピ

そら豆の美味しさを活かした、簡単レシピをご紹介します。

(1)焼きそら豆

シンプルにそら豆の美味しさを味わうなら、このレシピがおすすめです。

材料

・そら豆 お好きなだけ
・塩 適量

作り方

(1)グリルかオーブンにそら豆をさやごと入れ、表面が少し焦げるまで焼きます。
(2)さやから取り出し、塩を振ってお召し上がりください。

(2)そら豆と春野菜の彩りサラダ

春の食材を満喫できるサラダです。生野菜ではないので、身体を冷やしたくない時にもおすすめです。

材料(2人分)

・そら豆(さやから出したもの) 8個
・新じゃがいも 中サイズ1個
・アスパラガス 2本
・にんじん 1/2本
・新玉ねぎ 1/2玉
・ベーコン 2枚
・塩こしょう 適量
・マヨネーズ 適量

作り方

(1)そら豆は薄皮ごと塩水で茹で、薄皮をむいておきます。新じゃがいもとにんじんは、皮ごと茹でるかレンジで加熱して、一口大に切っておきます。アスパラガスは固い部分を切り落として茹で、2~3cmに切っておきます。新玉ねぎは薄くスライスしておきます。
(2)ベーコンを1cm幅に切り、フライパンでカリっとするまで炒めます。
(3)全ての材料を合わせ塩こしょうを軽く振り、好みでマヨネーズを適量かけて完成です。

そら豆は特別な調理をしなくても、茹でたり焼いたりするだけで十分美味しくいただけるので、忙しい時にもピッタリな食材です。また、美味しいだけでなくアンチエイジングにも効果的なので、店頭で見かけたらぜひ購入してみてください。

(管理栄養士 橋場愛
管理栄養士の資格を持つ、2歳の男の子のママ。管理栄養士の観点から、ためになる記事を発信。)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

トピックスRSS

ランキング