3月8日=みつばちの日!絶対常備すべき「はちみつ」パワーと選び方

つやプラ / 2015年3月7日 12時0分

砂糖と同じ様に甘いのに、美肌や健康に役立つ食品として紹介されることの多いハチミツ。なんとなくお肌によさそう、ダイエット中でも安心!? など、漠然としたイメージはあっても、実際どのような働きがあるかご存じですか? ハチミツと美容・健康の関係についてご紹介します。

■栄養価が高いってホント!?

ハチミツには、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなどのビタミンが含まれています。このほか、ミネラル、必須アミノ酸を含むアミノ酸、酵素、ポリフェノールなど、実に様々な栄養素が含まれ、栄養満点! また、含まれるビタミンの92%は体内で機能しやすい活性型ビタミンと言われていますから、少量でも効率よくビタミンを利用することができます。

■低カロリー、低糖質ってホント!?

ハチミツは、砂糖に比べ低カロリー。とろみがあるため砂糖より甘く感じる性質があり、少量でも充分な甘さが感じられます。またハチミツの甘みは、果糖、ブドウ糖、オリゴ糖などで構成されており、血糖値が上がりにくいという特徴も。特にアカシアハチミツは血糖値が上がりにくいそうですから、糖化(※)や脂肪対策には、アカシアハチミツがおすすめ。

■肌ケアにも使えるってホント!?

ハチミツには、強い殺菌作用があります。トロリとした濃度の高いハチミツの中に細菌が入ると、浸透圧により細菌の細胞内の水分が染み出して細菌は生きてはいけません。また、高い保湿効果もあり、皮膜となってお肌を守ります。東ピエモンテ大学の研究によれば、傷ついた上皮細胞を元に戻す「再上皮化」を促すことも分かっているそうですから、肌ケア、のどケアに使って正解!

■ハチミツを選ぶ時の注意点

ハチミツには、天然ハチミツと加工ハチミツがあります。加工ハチミツは、過度の濾過(ろか)や熱処理が行われ、本来の栄養素が失われている可能性がありますので、天然ハチミツを選びましょう。

甘くて美味しいハチミツは、お肌にも身体にも優しい食品。毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

※糖化:エネルギーとして使用しきれず、貯蔵するにも余った糖がタンパク質と結合してしまう現象。コラーゲンが糖化すると茶褐色で弾力がなくなり、ほうれい線やくすみの原因となると言われています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング