たくさん食べてもヘルシーな「“無限”料理」の秘訣3つ

つやプラ / 2019年7月13日 12時0分

最近、「無限」の文字が頭についた料理をよく目にするようになってきましたね。無限に食べられることからその名前がついたそうです。

ベジ活アドバイザーの筆者が、無限料理をつくるお約束を3つご紹介します。栄養満点の夏野菜をもっと美味しく、簡単にもりもり食べるヒントにしていただければ嬉しいです。食べて夏バテを吹き飛ばしましょう。

■「無限料理のお約束」3つ

(1)「ごま油」が食欲をそそる

無限料理を作るのに欠かすことができないのが「ごま油」です。食欲をそそる独特の風味とコク、香りは、夏バテの時の食事にも役立ってくれそうですね。

野菜のきんぴらや味噌汁にちょい足しするだけでも美味しくいただけます。レタスやキュウリ、パプリカなどの夏野菜を食べやすい大きさに切って、ごま油が効いた手作りドレッシングをかけていただくのもおすすめです。野菜不足解消にも役立ちます。

野菜がもりもり食べられるドレッシング

材料(つくりやすい分量 1〜2人分)

・醤油、ごま油、酢、砂糖 各大さじ1
・すりおろしニンニク 適宜

作り方

全て混ぜ合わせれば完成です。

(2)「しらす」と「すりごま」で旨味を加えて

無限料理にぜひ加えてほしいちょい足し食材が、「しらす」と「すりごま」です。どちらも野菜との相性が良く、風味も増すので無限感をより強めてくれます。

しらすは「カルシウム」、すりごまは「セサミン」などの有用成分を多く含むので、身体にも嬉しいですね。そのほかにも、「青海苔」や「かつおぶし」なども加えると味が深まって美味しいですよ。野菜によって変えてみてはいかがでしょうか。

(3)「すりおろしニンニク」が便利

疲労回復作用や冷え性改善、食欲増進などの働きがあると考えられている「ニンニク」も加えてみましょう。

簡便性をもとめるのであれば、すりおろしニンニクが使いやすいです。ドレッシングにちょい足ししても良いですし、マヨネーズに少量加えるとおいしさがアップします。きんぴらなどの定番料理にも、ニンニクを加えるだけで風味と旨味が加わります。

香りをだしたいのであれば、オイルを敷いたフライパンにニンニクを入れて、弱火で香りをオイルに移すように調理しましょう。

いかがでしたか? 3つのポイントを押さえて、夏野菜がもりもり食べられる無限料理を作ってみてはいかがでしょうか。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング