スマホを時計代りはNG!?マナー美人の必須アイテム3つ

つやプラ / 2019年7月25日 20時30分

大人の女性が身につけたいことのひとつに、「たしなみ」があります。たしなみとは、「普段からの心がけ、準備」のことです。ビジネスシーンで、大人のたしなみ美人が用意しているものをミニマムリッチコンサルタントの筆者がご紹介します。

■大人の「たしなみ美人」が持っているアイテム3つ

(1)ソックス

暑い季節は、ストッキングなしで素足にパンプス、または素足にサンダルという方も多いと思います。しかし、突然お客様のお宅へ訪問することになった場合、裸足でお宅にあがることは失礼です。宴席でも、靴を脱いであがるシーンは少なくありません。

そんな時のためにそなえて、「ソックス」を用意しておきましょう。インナーソックスなら、コンパクトで持ち歩くには便利です。防臭効果のあるものやパンプスを履いた際に見えないものを用意しましょう。

(2)ハンカチ

どんなに完璧に身だしなみを整えていても、くしゃくしゃなハンカチを出されると「残念な人」という印象を残しがちです。汗をかく夏はハンカチを人前で出すことも多いので、美しいものを用意しましょう。

形状記憶するものは、アイロンは不要です。手を拭く用と顔を拭く用で、2枚持っておくと安心です。

(3)時計

スマートフォンで時間を確認する人も多くなっていますが、ビジネスシーンでは、商談の途中に携帯電話をチェックしていると、「プライベートなことを確認しているのではないか?」と思われることもありますので注意が必要です。

夏はノージャケットで手首が見える服装も多くなりますから、大事な場面ではビジネスに相応しい美しい時計を身につけましょう。

少し上級になりますが、和食を食べる際に活躍する「懐紙」は、たしなみのある大人ならではの持ち物です。

手を汚さないように懐紙で料理を押さえたり、魚の骨を口から出す時に口元を抑えたりといった使い方をするだけではなく、メモの代用としても使うことができます。大事な会食の場面ではバッグの中に入れておくと、いざというときに使えます。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子
株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング