美肌とダイエットに◎火を使わずできる「トマト味噌汁」

つやプラ / 2019年8月20日 12時0分

私たち日本人の食卓に欠かせない「味噌汁」ですが、今が旬のトマトを加えると飛躍的に栄養価が上がります。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、「トマト味噌汁」の美容効果と定番にしたいおすすめレシピをご紹介します。

■夏の肌とダイエットのために

夏の美容に関するお悩みといえば、やはり日焼けによる肌へのダメージと、ダイエットの問題でしょう。

これを同時に改善するために役立つのが、「トマト」と「味噌」です。そして、この2つが一緒にとれるレシピに「トマト味噌汁」があります。

夏の身体をケアしてくれる、今こそ食べたい一品です。ぜひ、この夏の定番にしていただきたいものです。

■メラニンをブロック!シミ予防に役立つ

トマトに含まれている「リコピン」は、紫外線によって増加する活性酸素を抑えて、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する力があります。また、トマトに含まれている「ビタミンC」は、リコピンとともに「コラーゲン」の合成を促す作用があるため、ハリや弾力のある肌を育ててくれます。

リコピンは、脂肪細胞の成長を抑えてくれる働きがあるため、ダイエットの助けにもなります。

■夏こそ腸活を積極的に

夏は食欲が落ちる時期です。そのため、「食物繊維」や各種の「ビタミン」「ミネラル」が不足しやすく、腸内環境が乱れがちな季節です。

腸活をサポートする「乳酸菌」を積極的にとりましょう。ヨーグルトやチーズのほか、味噌も日常的に欠かさないことが大切です。

■火を使わなくてもOK!「トマト味噌汁」のおすすめレシピ3選

美肌、腸活、ダイエットと、今の季節にうれしい「トマト味噌汁」。火を使わなくても手軽にできるレシピをご紹介します。

(1)トマト冷や汁

冷たいトマトジュースを使って作る、朝食にも向く一品です。

材料(2人分)

・トマトジュース 160ml

・水 60ml

・ミニトマト 4個

・きゅうり 1/2本

・味噌(液状のもの) 大さじ1

・オリーブオイル 小さじ1

・パセリ 少々

作り方

(1)ミニトマトは半分に、きゅうりはさいの目に切っておきます。

(2)トマトジュースと水はよく冷やしてから混ぜ合わせ、液状の味噌を溶かします。

(3)(2)に(1)を加えたらオリーブオイルを回しかけ、パセリを飾れば完成です。

(2)トマトと野菜のレンジ味噌汁

野菜不足の時にうれしい、レンジですぐにできる時短レシピです。

材料(2人分)

・水 200ml

・味噌 小さじ1

・顆粒だし 小さじ1

・トマト 1個

・玉ねぎ 1/4個

・ピーマン 1個

作り方

(1)トマト、ピーマンは角切りに、たまねぎはスライスして耐熱容器に入れてラップをかけて、600wのレンジで2分ほど加熱しておきます。

(2)味噌と顆粒だしを器に入れて、大さじ1/2程度の水を加えてよく練ります。

(3)(2)に残りの水と(1)を加えて、レンジで1分半ほど加熱すれば完成です。

(3)トマトと豆乳の冷製味噌スープ

食べ応えも十分な、ダイエットに最適の冷製スープです。

材料(2人分)

・トマト 2個

・豆乳 160ml

・オリーブオイル 小さじ1

・ガーリックパウダー 小さじ1/2

・味噌(液状のもの)小さじ1

・ブラックペッパー 少々

作り方

(1)トマトは湯むきをし、皮をとってざく切りにしておきます。

(2)(1)と豆乳、オリーブオイル、ガーリックパウダー、味噌をミキサーで30秒ほど攪拌します。

(3)(2)にブラックペッパーを振って完成です。

トマトと味噌には、うま味のもとである「グルタミン酸」が共通して含まれています。毎日食べても飽きないほどに美味しい一品が、美と健康に効くというのはうれしいことですね。食欲のない時でもいただける「トマト味噌汁」を、どうぞお試しください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング