ショートもアレンジできる!美容師が教える春のヘアアレンジ

つやプラ / 2020年3月30日 19時30分

写真

「髪が短いのでアレンジが思いつかない」というお悩みは多いですよね。ですが、ショートヘアでも少しのアレンジやヘアアイテムで、おしゃれに見せることができます。

ヘアメイクや美容講師のプロとしてアラフォーに特化した美の提案をしている筆者が、今春におすすめのショートヘアアレンジをご紹介します。

■プロが教える「今春におすすめのショートヘアアレンジ」3選

(1)ゆるふわウェーブ

髪の毛が一番長いトップの部分だけをストレートアイロンで巻くスタイルです。

ゆるふわウェーブ

(1)まず、ストレートアイロンを用意します。アイロンの横幅が太いと上手くウェーブが作れないので、横幅が3cmくらいのミニアイロンを使うことをおすすめします。

(2)トップの髪の毛をストレートアイロンで挟んだら、根元から毛先に向かって弧を描くように、大きく内に入るようにアイロンをスライドさせます。このように動かすと、くるくるドライヤーや内巻きブローをしたように、髪の毛がふんわりします。

また、右図のように垂直(90度)よりも大きく、110〜120度前に髪の毛を倒し、そこから同様に根本から毛先まで弧を描くようにアイロンをすると、より頭頂部がふんわりと立ち上がり、ボリュームアップできます。

ゆるふわウェーブ

(3)(2)をやり終えたら、スタイリング剤をつけます。ふんわりしたスタイルを崩さないように、使うスタイリングは柔らかいヘアクリームやワックスがおすすめです。全体的にもみ込むようにスタイリング剤をつけたら、鏡を見ながらバランスを調整します。

ポイント

内巻きにした髪の表面から手ぐしを入れて毛先が外に跳ねるようにすると、簡単に外ハネにすることもできます。アレンジ好きな方はランダムで外ハネ部分もとり入れてみるといいでしょう。

このスタイルは、ゆるいパーマをかけたようになるので、ボリュームを出したい方におすすめです。

(2)ヘアバンドをつける

ヘアバンドをつける

ショートの方は頭の形が分かりやすく見えるので、絶壁の方や薄毛の方だとシルエットが寂しい印象になってしまいます。そこで、簡単に頭の形を良く見せるアイテムが「ヘアバンド」です。

ショートヘアの方には、幅広めのヘアバンドが相性抜群です。頭の形を簡単にカバーすることができて、絶壁カバーや薄毛隠しもできますよ。

(3)ヘアピンをつける

ヘアピンをつける

「シンプルだけどかわいい感じにしたい」という方におすすめなのがヘアピンです。ヘアピンというと、「髪の毛が邪魔にならないように留める」という認識の方が多いと思いますが、今はお洒落のためにつける“見せピン”が流行っています。

見せピンで使うピンは、ストーンやパールなどがついたデザイン性のあるピンやカラフルなピン、つやなしのゴールドやシルバーのピンなどです。

ポイント

見せピンの時は1〜2本よりも4〜5本つけるような気持ちでつけるとおしゃれ感がアップします。横の髪を耳にかけて耳周りにピンをつけると良いでしょう。

左右どちらにもピンをつけるとやりすぎ感が出るので、見せピンをつける時は片方だけにしましょう。

ショートヘアでも、髪の毛を巻いたりヘアアクセを使ったりすれば、簡単におしゃれに見せることができます。ロングヘアのアレンジよりずっと手早くできるやり方ですので、ぜひ試してみてください。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3
美容講師をしつつヘアメイクや化粧品の官能評価などマルチに活動。現在、YouTubeで「アラフォーからの楽して美活」というアラフォー向けの美容情報を配信中。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング