その1本で老け見え?40代が気をつけるべき「うっかり白髪」

つやプラ / 2020年12月27日 21時30分

写真

40代に入るころから、ほとんどの女性が白髪問題で悩みはじめます。つやプラ世代だと、全頭白髪の人はまだほとんど見られず、チラホラと現れだした白髪を見ては、「いつか真っ白になるの?」と将来に不安を感じているのではないでしょうか。

とはいえ、このチラホラ白髪がクセモノです。トップなどにピンと1本立った白髪を見つけると、そこばかりに目が行きがち。また、同僚やお友達の白髪がうっかり見えてしまったときも、なんとなく気になってはいませんか?

実は少ない本数の白髪こそが、他人の目に飛び込みやすく、どこか疲れた印象を与えています。ヘアライター&ヘアジャーナリストの筆者が、自分では気づきにくい、老け見えしがちな「チラホラ白髪」について解説します。

■まだまだ肌ツヤがある40代。白髪放置はもったいない!

自分では見慣れたチラホラ白髪や、後頭部など、本人が気づきにくい白髪が他人に与える印象は結構シビアです。そのくせ、初老の方の白髪はあまり気にならず、むしろきれいに白髪を育てている方に出会うと、「かっこいい」「上品」と思ってしまいます。この差って一体なんでしょうか?

白髪は黒髪に比べてピン!と浮き立ちやすく、しなやかさがないのが特徴。また、ウネウネとうねったり、乾燥毛のような質感に見えたりします。

実は、40代の肌はまだツヤ感や柔らかさがあるため、髪もツヤっぽく揃えると、顏全体が若々しく華やかに見えます。その反面、白髪のように乾燥して浮き立つ毛髪は、肌質に対して違和感が出やすく、そのため数本の白髪が悪目立ちしてしまうといわれています。

以上のことからも、40代のチラホラ白髪はきちんとお手入れしたいものです。

■きちんと手入れしたい!老け見えしがちな‟うっかり白髪”5つ

ここからは、人に気づかれやすい隠れ白髪についてまとめました。まず気づいて、そしてきちんと手入れすることで、“うっかり老け見え”を防ぎましょう。

(1)なにげなく髪をかきあげたときに見える「内側白髪」

表面に白髪がなくても、内側にチラホラと白髪があるケースは、特に40代に多くみられます。一見白髪のない印象の人が、ふと髪をかき上げたときにチラチラと顔を出す内側白髪は、いつもの印象とギャップがあるため、どうしても老けた印象を与えがちです。

同じくハーフアップスタイルも要注意! 内側の白髪が筋状になって数本現れると、他人には悪目立ちして見えます。

ハーフアップにするときは、しっかり内側にある白髪をチェックし、ワンデイヘアマスカラなどでカバーしましょう。

(2)ヘアアレンジをしたときの「耳後ろの白髪」

まとめ髪などで襟足をあげたときに、盲点なのが耳後ろの白髪。自分ではほとんど気づかないのに、人の目にはばっちり見えてしまいます。

初期白髪が生えるパーツは、主に「顔周り」と「トップ」といわれ、あまり襟足には生えません。でも、白髪が定期的に増えだすと、襟足や耳後ろに数本出はじめる人も。自分では見えにくい部分のため、つい油断してしまいます。

まとめ髪を頻繁にする人は、まとめた状態であわせ鏡を使ってしっかりとチェックしたり、担当の美容師さんに、見えにくい部分の白髪について尋ね、自分で場所を把握することも大切です。

(3)ダウンスタイル時のバックに生えた「ヒョロヒョロ白髪」

バックスタイルも自分ではまじまじと見ることがないため、白髪が生えても他人に指摘されない限り、ほとんどの人が気付かないものです。

そのため、数本ある白髪が長ーく伸びてしまうケースもしばしば。バックに1~2本だけスーッと伸びた白髪は、長さがある分悪目立ちします。また、白髪は毛がフワフワと浮きやすいため、うねりながら伸びて、少々お間抜けな印象に。

正面の髪がきれいな人ほどギャップが激しいので、定期的に合わせ鏡などでチェックをしましょう。

(4)マスクの耳掛けから覗く「サイドの根元白髪」

マスク生活が続くなか、マスクをすることで、内側の根元に生えた白髪がチラチラと見える方をお見受けします。これではなんとなく自分に手をかけていない印象を与えてしまいますね。

顔回りの白髪は老け見えの代表。昔から、老けた女性を描くときは顔周りに白髪を加えるといわれるほど、フェイスラインに沿った白髪が目立つと、実年齢以上の印象を与えてしまいます。

withマスクの時代こそ気をつけたい部分白髪といえるでしょう。

(5)噴き出したような「トップ」の根元白髪

トップのつむじ周りに白髪が多い人は、自分でも見えやすいため、白髪染めなどできちんとお手入れをしていると思います。でも、コロナ禍によりあまりサロンへ行けない状況の今、「白髪ありき」に慣れてしまっている人も少なくないように感じます。

特に目立つトップの白髪は、多くなると、つむじから噴水のように噴き出て見えるため、人からズボラな印象に見られてしまうかもしれません。また、ライトの下などでは白髪部分が飛んで見えるため、トップがペタンと潰れて、少々間抜けな印象に。

サロンでのリタッチが理想ですが、なかなかサロンへ行けないときは、ワンデイ用のカラーマスカラやホーム白髪染めを使ってカバーしましょう。

今どきの40代女性は、ミディアムやセミロングのヘアを楽しむ方が多くいます。長い髪は女っぽく魅力的ですが、その分、白髪が目立つと途端に疲れた印象を与えてしまいます。

大人の髪で大切なことは、ツヤと適度なボリューム、そして白髪ケア。この3つを意識するだけで、まだまだヘアデザインを楽しめる年代です。チラホラ白髪もきちんとカバーして、きれいを上手にキープしましょう。

(ヘアライター&ヘアジャーナリスト 小澤 佐知子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング