ゴツい太ももの原因は股関節?下半身が軽くなる1分ストレッチ

つやプラ / 2021年2月11日 21時30分

写真

体重が落ちてお腹や顔はやせたけれど、下半身(特に太もも)がなかなか細くならないと悩む方は多いと思います。実は、太ももは体重が落ちても細くなりにくい部分なのです。

パーソナルトレーナーである筆者が、太もも痩せのためのポイントを解説していきます。

■体重が落ちても太ももが痩せない理由

体重が落ちても太ももが痩せない理由

太ももは、体重を落としても非常に痩せにくい部分です。しかし、太ももが細くならないまま体重が落ちると、「上半身は痩せているけれど、太ももだけ太く見える」というアンバランスな体型に変化してしまいます。

太ももが痩せにくい理由は、脂肪以外にも筋肉やむくみなど、サイズが変化する要因が非常に多い部位だからです。特に、太ももの前部の筋肉が発達することで細くなりにくく、ゴツく見えてしまいます。

■太ももが痩せない原因は?

太ももが痩せない原因

なぜ、太ももが痩せないのでしょうか? それは、日々の生活のなかで股関節が使えていないことが原因と考えられます。

人間は本来、歩いたり走ったりする時に股関節周辺の筋肉を使いながら動きます。しかし、なんらかの原因によって股関節が上手く使えていないと、膝を主体にして動くようになってしまいます。

膝を動かす筋肉は、太ももについている「大腿四頭筋」という筋肉です。この筋肉が日常で過剰に使われると発達して、太ももが筋肉太りしてしまいます。

ですから、股関節を上手に使えるようにして膝の動きを最小限に抑えることが、太もも痩せにおいてはとても大切です。

股関節が上手く使えていないのはこんな人

股関節が上手く使えていない原因

日常生活で同じ姿勢をとり続けると、股関節が上手く使いづらくなります。例えば、座りっぱなしであれば、股関節は折れ曲がった状態でずっと動きがありません。また、立ちっぱなしで股関節をあまり大きく動かさずにいると、柔軟性が低下しやすくなります。

これを防ぐためには、日々の生活のなかに運動やストレッチをとり入れて、柔軟性を落とさないことが大切です。

「腸腰筋」の柔軟性がカギ

太もも痩せのポイントは股関節!1分間の美脚ストレッチ

同じ姿勢を取り続けることで硬くなってしまうのは、足の付け根から腰にかけてくっついている「腸腰筋」という筋肉です。

歩くときは、脚を後ろに振ることで前に進みますが、腸腰筋が硬いと脚を十分に後ろに振れません。そうなった場合、大腿四頭筋で地面を蹴って、太ももの筋肉が発達してしまいます。

腸腰筋の柔軟性を保っておくために、ストレッチを十分にする必要があります。

■腸腰筋ストレッチのやり方

この投稿をInstagramで見る

つやプラ – つやっときらめく美をプラス(@tsuyaplus)がシェアした投稿

両膝を床につき、脚を前後に大きく開きます。腹筋に力を入れ、身体を前にスライドさせます

(1)両膝を床につき、脚を前後に大きく開きます。腹筋に力を入れ、身体を前にスライドさせます。

身体をスライドさせたら、前に出してる脚側に胴体をひねります。この状態で30秒キープしてください

(2)身体をスライドさせたら、前に出してる脚側に胴体をひねります。この状態で30秒キープしてください。

(3)反対側も同じように行いましょう。

寝る前に行ってみてください。下半身が軽くなったように感じると思います。太もも痩せを目指すには、日々の習慣が非常に大切です。ストレッチや筋トレを習慣化しましょう。

(パーソナルトレーナー 藤本 千晶)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング