腰痛まで緩和!?デスクワーク女性必見!歪みリセット「鳩のポーズ」

LAR - Life & Aging Report / 2014年12月1日 12時0分

わかってはいるけれどやめられない「足ぐせ」。無意識のうちに足を組んだり、通称「お姉さん座り」をしてしまったり…。この「足ぐせ」が影響するのは、もはや足だけではありません。骨盤が歪んだり背筋や腹筋がゆるんで、腰への負担がかかるのはご存知でしたか?

■テレビタイムにできる「姿勢リセット」

血行不良による末端の冷えや、冷えによる腰痛も、そもそも体のバランスが関係しているのです。寒い季節におすすめなのが、骨盤の歪みを改善し、腰の負担を軽減してくれる「鳩のポーズ」。

このポーズは、骨盤に繋がっている腸腰筋(ちょうようきん)を伸ばし、歪んだ骨盤を正しく導く働きも。骨盤の状態が良くなることで内臓機能も高まります。背中の緊張も緩和してくれるので、デスクワーク女子は必見! 座っていることが多いと、悪い姿勢のまま筋肉も凝り固まってしまいます。まずはリセットするつもりで「鳩のポーズを」習慣にしてみましょう。テレビを観ながらでもできますよ!

■鳩のポーズ

1.右膝を立て、左足を後ろに伸ばします。
前後開脚に似た状態です。その後、右膝を右側へ寝かせ、腰を落とします。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

2.重心を真っすぐにして左右腰の高さを同じにします。
この時、左右どちらかに体重をかけないように注意しましょう。そして、ゆっくりと息を吐きながら上体を前へ倒します。おでこの下で両手を重ね、そのままゆっくりとした呼吸でしばらくキープしましょう。30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

このポーズは、股関節の伸びが感じられ、背中も気持ち良くほぐれていきます。骨盤のゆがみや腰の負担をリセットしましょう。
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング