年越しそばで来年の美肌祈願!「蕎麦湯+スダチ」は飲む美容液

LAR - Life & Aging Report / 2014年12月22日 15時0分

大みそかの恒例行事と言えば「年越しそば」ですよね。蕎麦にはルチンというポリフェノールが含まれ、血液の循環をスムーズにする効果が。小麦粉と違って胚芽や甘皮部分も一緒に粉にするため、タンパク質やビタミン、食物繊維などの栄養素も豊富なのですが、茹でることで溶け出てしまう成分も……。蕎麦湯は、蕎麦の栄養が溶け出た「飲む美容液」なんですよ!

■蕎麦のビューティー要素3つ

(1)タンパク質なのに腸内環境美化
蕎麦は、アミノ酸スコアが高くタンパク質の豊富な食べ物。タンパク質は、筋肉やお肌の土台となるコラーゲンの元となる大切な成分ですが、蕎麦に含まれるタンパク質は、腸内環境を美化する作用が! 広島大学の加藤教授によれば、蕎麦に含まれるタンパク質は、消化されにくく腸内で食物繊維と同様の働きをするそう。血液中のコレステロールを低下させ血液をサラサラに保つ効果もあるそうですから、血流改善にも役立ちそう!

(2)お肌を守るビタミン・ミネラルが豊富
蕎麦はビタミンやミネラルも豊富。スムーズなターンオーバーに欠かせない、新しい細胞が生まれる際に必要な「葉酸」が小麦粉の約6倍、体内の酵素の働きを助けて代謝を助けるマグネシウムが約9倍、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB2が約3倍と、美肌作りに役立つ栄養の宝庫なのです。

(3)毛細血管を強くして栄養を届ける
蕎麦に含まれるポリフェノール「ルチン」は、毛細血管を丈夫にして血液の流れをスムーズにする働きがあるそう。毛細血管まで血液がスムーズに流れれば手足の冷え改善になるだけでなく、お肌の細胞にも酸素と栄養が届きコラーゲンやヒアルロン酸の生みの親「線維芽細胞」も元気に!

■蕎麦湯は飲む美容液!?

ルチンやビタミンB群は、水溶性のため蕎麦を茹でる際に流出てしまいます。ゆで時間の短い生蕎麦であっても蕎麦の表面についている打ち粉(そば粉)は、お湯に流れてしまいますし、ゆで時間の長い乾麺では、ルチンやビタミン・ミネラルの3割程度が流れ出てしまうと言われています。蕎麦湯は、ビューティー成分たっぷりの飲む美容液なのです。

■これで完璧!蕎麦の栄養を逃さないレシピ

 蕎麦湯はそのまま飲むのも良いですが、蕎麦の汁に使えば無理なく摂ることができます。蕎麦湯100ccに醤油・みりん各大さじ1を加え蕎麦の汁にすれば、トロリとした食感の優しい味に。温かくして、冷たいお蕎麦につけて食べるのも美味しいですよ。また、ルチンはビタミンCと一緒に働くため、スダチやユズを絞って入れれば完璧! 蕎麦のビューティー成分を余さずいただけます。

今まで蕎麦湯を捨てていた方、今年の年越しそばは蕎麦湯も飲んで、来年の美肌を祈願しましょう!
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

トピックスRSS

ランキング