ヘルシーなギフトに◎注目の「低糖質チョコレート」3選

つやプラ / 2018年2月8日 19時30分

バレンタインの季節になりましたね。近年生活習慣病により、健康に気を遣う男性が増加しているため、チョコレート選びは慎重にしたいものです。

今回は、2018年のバレンタインデーに向けて、低糖質チョコレートを3つご紹介します。

■2018年バレンタイン向け!低糖質チョコレート3選

(1)糖質制限アマンドショコラ/オーソモレキュラー.jp

アーモンドをラカントSベースの無糖キャラメルと無糖チョコレートでコーティングしています。カリッとした食感で甘みもあり、たいへん美味しいチョコレート菓子です。

「エリスリトール」(血糖値を上げない天然甘味料)を除いた糖質量は、1箱(45g)3.06gと、嬉しい低糖質商品です。

高級感のある外箱に入っていますが、1箱500円なのでギリチョコとしてのプレゼントにも最適です。
(45g×6箱 税抜価格3,000円)

(2)低糖質生チョコ/パティスリー・ラ・ノブティック

「小麦粉」や「砂糖」は、糖質が多いけれど、お菓子作りには欠かすことができない主原料です。ですがノブティックは、主原料を糖質の少ない材料に置き換え、商品作りをしています。

低糖質洋菓子をいくつも販売しており、健康を意識する人にとって、ありがたいお店です。中でもバレンタイン向きの洋菓子でおすすめなのが「低糖質生チョコ」。1粒あたり糖質含有量が0.65gで、本格的な生チョコが楽しめます。
(6粒入り 税抜価格1,800円/10粒入り 税抜価格2,500円)

(3)スリム・ショコラ/エコール・クリオロ

お洒落な糖質制限スイーツを手掛けるクリオロ。

「シュガーカットゼロ」という甘味料を使用することで、身体に吸収される糖質量を減らしています。スリム・ショコラは1/8カットで糖質量が4.7gの「紅茶とチョコレートのケーキ」です。

ホールケーキなので、職場や家族でバレンタインを楽しむときにおすすめです。
(5号:直径15cm 税抜価格3,463円)

いかがでしたか? チョコレートも低糖質商品が増え、健康を意識した方にもプレゼントしやすくなりました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

(薬剤師/抗糖化美容研究家 花田真理

化粧品の知識と医療の知識を持ち合わせた数少ない美容のプロ。 調剤薬局、化粧品会社に勤務の後、独立。現在は自身のブランド「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」を展開中。)

つやプラ

トピックスRSS

ランキング