心身の夏バテ予防!疲労回復になる酢の飲み方ポイント3つ

ごきげん手帖 / 2016年7月29日 12時0分

写真

夏になると人気のビネガードリンク。スッキリとした味が暑い夏にピッタリなだけでなく、アスパラギン酸やGABAなど、疲労回復を早める成分が含まれた夏のスタミナドリンクです。とくに、「酢」と「糖分」を一緒にとることで疲労回復が早まるそうですよ!

■夏のスタミナドリンク!?「酢」の疲労回復効果とは

私たちの身体は、食べものからとったエネルギーをグリコーゲンとして肝臓に蓄えています。そして、エネルギーが必要となったときに、グリコーゲンをエネルギーに変えるのですが、酢には、このグリコーゲンの再補充を促し疲労回復を高める働きがあるそうです。
さらに、お酢に含まれるGABAはリラックスした状態を作り出すことから、肉体的にも精神的にも疲れた身体を労わる働きが期待できます。

■疲労回復のための「酢」のとり方のポイント3つ

(1)糖分と一緒にとる

グリコーゲンの復活には、酢単体でとるより糖分と一緒にとったほうが効果が高いことがわかっています。酢の主成分である酢酸は、胃に刺激が強すぎる場合もありますから、ハチミツやメープルシロップ、ジャムを溶かし、炭酸水や水で割って飲みましょう。ただしもろみ酢は、黒麹菌によって作られるクエン酸が主成分となっているため、酢酸が少ない酢ですから、そのまま飲んでもOKです。


(2)アスパラギン酸が多い酢を選ぶ

疲労回復効果が高いと言われているアミノ酸「アスパラギン酸」は、酢によって含有量が異なります。とくに多く含まれているのは黒酢。一般的な米酢の約10倍のアミノ酸が含まれているそうです。このほか、もろみ酢やリンゴ酢もアミノ酸が豊富です。


(3)GABAが多い酢を選ぶ

リラックス効果でお馴染みのGABAも酢によって含有量が異なります。黒酢、もろみ酢、トマト酢などに多くふくまれています。


夏は、暑さから肉体的にも精神的にも疲れやすい季節です。酢と糖分を一緒にとって、疲れを癒したいですね。

(岩田 麻奈未)

【あわせて読みたい】
・夏は目前!ダイエットには「パイナップル」を食べてみて!
・痩せにくいのはナゼ?体型別「ダイエット中に減らすべき食べ物」

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
・水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
・アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
※夏バテ対策に疲労回復“酢タミナ料理” - Mizkan Holdings
※成分情報 グリコーゲン - わかさ生活
※成分情報 もろみ酢 - わかさ生活
※成分情報 黒酢 - わかさ生活

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング