むくみ対策やダイエット、美肌作りにも!かぶの魅力まとめ

LBR - Life & Beauty Report / 2017年12月7日 19時0分

写真

冬が旬の「かぶ」。定番の白いかぶの他にも、お正月のおせち料理に登場する「赤かぶ」や紫色の「あやめかぶ」など様々な種類があります。そんなかぶは、冬のむくみ予防・美肌作り・ダイエットなどに効果が期待できる、嬉しい栄養がギュッと詰まっています。
そこで今回は、かぶの正しい保存方法から、効率よく栄養を摂るための正しい調理法、インナービューティーポイントまで、かぶの魅力をまとめてご紹介します。

かぶの保存のしかた、ちゃんと知ってる?

10月から12月にかけておいしい旬を迎える「かぶ」。白い身の部位分は淡色野菜、緑の葉部分は緑黄色野菜に分類されます。
購入後すぐに食べずに保存する場合は、葉をつけたままだと白い実部分の栄養や水分を吸い取ってしまうため、必ず切り離して保存しましょう。

むくみ予防や美肌作りには白い部分を

白い実部分には、むくみ予防に嬉しい「カリウム」や美肌に嬉しい「ビタミンC」が豊富。どちらも水に溶け出しやすい栄養素なので、無駄なく摂取するためには味噌汁やスープなど汁物にして頂くのがおススメです。火が通りやすいので加熱時間は短くてOK。
やわらかくて香りも良いかぶは、生で頂くのもおススメ。薄切りにして白身魚のお刺身と重ねてカルパッチョにしたり、塩もみしてフルーツと合わせてマリネにしたりしてもおいしいですよ。

カルシウム補給やアンチエイジングには緑の葉部分を

葉には、細胞老化を防ぐ「抗酸化作用」の高い「カロテン」(体内でビタミンAとして働く)が豊富。こちらは油との相性が良いので、ソテーなど加熱調理がおススメ。オリーブオイルと塩でさっと炒めるだけでもおいしいですよ。
葉部分には「カルシウム」も豊富。ちりめんじゃこなどの小魚や乾燥桜エビと一緒にソテーすれば、カルシウム補給にピッタリのひと品に。
カルシウムは強い骨・歯・爪を作るのに欠かせません。大人はつい不足しがちなので、意識的に摂ることが大切です。妊娠中や出産後の女性は特に必要です。

ビタミンB群が代謝もサポート

緑の葉部分には、糖質や脂質の代謝を促す「ビタミンB1」や「ビタミンB2」も豊富です。エネルギー代謝に深く関わるビタミンB群は、身体の巡りを良くし、余分な体脂肪や疲労物質の「乳酸」が溜まりにくい身体作りをサポートしてくれます。
楽しいイベント目白押しで、つい食べ過ぎてしまいがちなこの時期にはピッタリの栄養素といえます。


いかがでしたか? 体に嬉しい栄養満点のかぶ。毎日の食事に上手に取り入れたいですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング