スタイリスト直伝。失敗しないオールホワイトコーデの鉄板ルール3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2018年4月17日 22時0分

写真

2018年の春夏トレンドの一つとして取り上げられている、オールホワイトコーデのスタイル。オシャレでセンスのある大人の女性がこの着こなしをしていると、本当に素敵ですよね! しかし、全てをワントーンでまとめるのって、思う以上に難しいもの。

今回はスタイリストの筆者が、絶対に失敗しない! 初心者さんでも楽しめるオールホワイトコーデの鉄板ルールをご紹介いたします。

ホワイトの色味・素材で変化をつける

オールホワイトコーデだから、全部同じ色みの白で統一しよう! ……なんて思っていませんか? 実はこの考え方はオールホワイトコーデが失敗する一番の原因です。

確かに全身を白のコーデにするのだから、統一感を持たせるために色みを同じにするのは当然の行いといえば、当然の行い。

しかし、そうして出来上がったスタイルは洗練されたファッションというより、どこかパジャマ感を漂わせてしまいます。

全てを同じ色・素材で合わせると、それは寝間着の印象を与えてしまい、洗練さにかけるのでやらないように気をつけましょう。

トップス・ボトムで組み合わせる際は、黄色みがかったオフホワイトと、青みがかったピュアホワイトと微妙に色合いの違う白同士を組み合わせるとコーディネートに動きがついておしゃれに見えます。

また、いっぽうはハリと厚みのある素材で、もういっぽうを柔らかい薄手の素材で組み合わせることで考えられたホワイトコーデになります。

例えば、ざっくり編みのホワイトニットに、ボトムは優しいシフォン素材のプリーツスカートなど。色と素材で微妙な違いをつけることで、オシャレさがUPしますよ。

サブカラーはベージュ・キャメルが鉄板

オールホワイトコーデというからには、すべてのアイテムが白で統一されていると思いがちですが、実は頭から爪先までが全部、白で統一されるということはあまりないのです。

基本的にはトップス・ボトム・あっても靴ぐらいまでが白で統一され、その他のバッグ、ベルト、帽子というものは白以外の色を脇役として取り入れています。

そうすることで、白のコーディネートがより引き立ち洗練されるため、必ず小物には白以外のサブカラーを取り入れましょう。

白に合う色といえば、やはりベージュ・キャメルカラーが鉄板です。もちろん、黒でモードに仕上げても良いのですが、春夏というこれからの季節を考えると少し重たい印象に……。

優しいニュアンスも出したいので、安心感のあるベージュ・キャメル系のバッグ・靴・ベルト・帽子・時計をうまく取り入れていきましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング