美容ライター愛用!毛穴レスへと導く3つの神コスメ

LBR - Life & Beauty Report / 2018年6月14日 19時0分

写真

夏の肌悩みの代表格である、毛穴問題。皮脂の分泌量が増えるうえ、乾燥もしやすいこの時季は、詰まりや黒ずみ、開き、たるみなどさまざまなトラブルが毛穴を目立たせます。

毛穴を消すことはできませんが、可能なかぎりはキレイにお手入れしたいもの。

今回は、毛穴レスをかなえるためにコスメコンシェルジュの筆者が愛用する3つの神コスメをご紹介します。

黒ずみの悩みを忘れさせてくれるピーリング石けん

サンソリット スキンピールバー ハイドロキノール/サンソリット

135g 5,000円(税抜)

頑固な詰まりや黒ずみに悩んでいた筆者ですが、希望を与えてくれたのはこの石けんでした。角質ケア成分AHAが配合されており、肌表面の古い角質を洗い流してくれます。

洗顔後の肌はなめらかで、毛穴の汚れも気にならないように。ハイドロキノンも配合されているから、くすみにもアプローチ。明るく透明感のある肌へと導きます。

一度使うだけでも毛穴がスッキリするため、乾燥肌の筆者は週に1〜2回程度使用しています。泡をのせたまま2〜3分放置して泡パックをすることもできますが、トラブルを防ぐためにも最初は普通の洗顔から試してみてくださいね。

従来は135gサイズで販売されていますが、使用頻度が少ない筆者はミニサイズを愛用しています。

洗顔ブラシで落としきれない汚れもスッキリ!

ハート型洗顔ブラシ Mサイズ/コスメ堂

2,700円(税抜)

普段の洗顔では落としきれない汚れを取りたいときは、洗顔ブラシが活躍します。筆者が愛用しているのは熊野筆のハート型の洗顔ブラシ。ハートのくぼみ部分に空気を含むので泡立ちがよくなるので、モコモコの泡で洗えますよ。

山羊毛の中でも毛先が細い細長峰と極細のナイロン毛の根毛が、コシのある洗い上がりを実現。高い洗浄力を発揮しながらも肌あたりはなめらかなので、刺激を抑えながら毛穴のお手入れをすることができます。

汚れが残りやすい小鼻のキワまでしっかりと届くので、手の洗顔で取りきれない汚れも簡単に一掃。筆者の積年の悩みだった小鼻の角栓詰まりが軽減されました。

毎日使う必要はありませんので、週に1回程度を目安に使うことをおすすめします。

乾燥で目立つ開き毛穴にはお米のマスク

毛穴撫子 お米のマスク/石澤研究所

10枚入り 650円(税抜)

毛穴は落とすケアだけでなく、与えるケアも重要です。洗顔で毛穴の汚れを落としたあとは、肌がデリケートになり乾燥しやすい状態に。乾燥は毛穴の開きにつながるので、しっかりと保湿をして肌にたっぷりとうるおいを与えましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング