寝苦しい夜も快適に!ぐっすり眠るためのエアコン使用法とは

LBR - Life & Beauty Report / 2018年7月19日 21時0分

写真

例年より早く梅雨が明け、猛暑が続いていますね。夜になっても気温が高く、暑くてなかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、寝苦しい夜も快適な睡眠環境を得るための、就寝時のエアコンの使用方法をお伝えします。

寝るときにエアコンはつけるべき?消すべき?

近年、エアコンをつけたまま寝ることを推奨する意見をよく目にします。というのも、暑いのを我慢して寝てしまうことで、夜間でも熱中症にかかってしまう可能性があるのだそうです。

熱中症の発症率は、気温が28℃を超えると急激に高まるといわれています。さらに、湿度が高い状態は、より暑さを感じるだけでなく、熱中症にかかる危険も高まるのだとか。

もしも暑いと感じたら、無理をせず、エアコンをつけて眠りにつくようにしましょう。

就寝中にエアコンを使う際のポイント

では、就寝中にエアコンを使う場合、どのように設定するのが良いのでしょうか?

空調専業メーカーのダイキンによると、一晩中エアコンを使いたい場合、「室温28℃以上に設定した除湿運転」がおすすめだそうです。

除湿運転で湿度を下げることにより、体温を冷やし過ぎずに体感温度だけを下げることができるのだとか。こうすることで、入眠直後にかいた汗をしっかり乾かすことができ、眠りやすい環境に整えることができるそうです。

また、湿度の設定ができるエアコンを使用している場合は、湿度を50~60%に設定しておくのがおすすめ。

機種によっては、湿度の設定ができない場合もあるので、自分の使用しているエアコンを確認してみてください。

エアコンをつけっぱなしにしたくない場合は?

ただ、エアコンをつけたまま寝て、身体が冷えすぎてしまったり、だるく感じてしまったりした経験があり、つけたまま寝るのに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

エアコンを一晩中つけっぱなしにしたくない方に向けて、ダイキンでは、「自分の好みの温度に設定して、切りタイマーを3時間後にセットする」ことをおすすめしています。

切りタイマーを3時間に設定することで、入眠直後に眠りやすい環境に整えることができるため、深い睡眠をしっかり確保することが期待できるそう。

エアコンをつけたまま寝るのが苦手な方は、タイマー機能を活用してみてくださいね。

ひんやり冷感グッズに頼るのも◎

暑くてなかなか眠れない…という方は、冷感グッズを使用してみるのもひとつの手。

最近では、接触冷感加工がされた敷きパッドやまくらカバーなどが販売されています。触るとひんやりして気持ちいいので、寝苦しい日に活用してみてはいかがでしょうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング