飲み会で疲れた胃腸に。ヘルシーな豆乳カリフラワースープ

ごきげん手帖 / 2018年12月15日 20時0分

写真

飲み会などで食べ過ぎ&飲み過ぎが続く12月。胃腸がお疲れぎみという人も多いのではないでしょうか。

胃腸が疲れている時の食事にオススメなのがミキサーで攪拌した野菜スープ。消化がよく胃腸が疲れているときでも安心です。

今回は旬のカリフラワーと豆乳を使った身体に優しいヘルシースープをご紹介します。

アメリカで人気!?低糖質&高栄養価のカリフラワー

アメリカではカリフラワーを使った「カリフラワーライス」なるものが話題を集めているのだそう。低糖質&低カロリーのカリフラワーは確かにダイエットのサポートになってくれそうですね。

キャベツの約2倍のビタミンCが含まれる他、葉酸、ビタミンB6、カリウム、カルシウムなどバランスよくビタミンやミネラルが含まれます。

特にビタミンCの含有量は淡色野菜の中でもトップクラスを誇ります。果物と比べてもイチゴやミカンよりも多いのだとか。

過熱による損失が大きいビタミンCですが、カリフラワーのビタミンCは過熱によって失われにくいという特徴をもつのも嬉しいですね。

食べすぎ&飲み過ぎの時にオススメのスープ

食べすぎ&飲み過ぎで胃がもたれているときにオススメなのが流動状のスープです。野菜の食物繊維は消化をゆっくりとしますが、ミキサーなどで攪拌されているスープは消化の負担があまりないといわれています。
豆乳を使ってよりヘルシーに仕上げたスープ、疲れた胃にオススメです。

カリフラワーのヘルシースープ

豆乳は沸騰しないようにあたためると分離しにくくなりますよ。カリフラワーの優しい味がおいしいスープ。簡単なのでぜひお試しください。

<材料>2人分

カリフラワー 200g
水 200ml
塩 小さじ1
豆乳 100-200ml

<作り方>

1. お鍋にカリフラワー、水、塩を入れてカリフラワーが柔らかくなるまでふたをして10分弱煮込みます。
2. ミキサーに1を入れ攪拌したら鍋に戻し、豆乳とあわせて再びあたためたら完成。

胃が疲れた時のお助けレシピ。よかったらお試し下さいね。

ライタープロフィール

ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵

日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。

【保有資格】

野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター

【あわせて読みたい】
▽胃腸に優しいレシピをもっと見る
・むくみやシミ予防、胃腸ケアに◎大根を使った簡単サラダレシピ
・疲労回復や胃腸のケアにも◎紫野菜の美容パワーがすごい!
・お疲れ胃腸に!10分でできる、ヘルシーポトフレシピ
・体ぽっかぽか♡胃にやさしい美味しいハクサイレシピ3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
・美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
・「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

【参考】
※カリフラワー – わかさの秘密
※[カリフラワー]含まれる栄養素と、茹で方のコツ – カゴメ
※胃腸の調子が悪い時の食事 – 東京都病院経営本部

ごきげん手帖 Powered by 日本すっぴん協会

トピックスRSS

ランキング