海外でも「おいしく楽しむ」美肌法5つ【香港編】

LBR - Life & Beauty Report / 2013年12月17日 21時0分

写真

楽しいはずの海外旅行。だけど、旅先でお肌の調子が悪ければ楽しい出来事も台無し。そんな悲劇を防ぐべく、旅先で肌のコンディションを良くするためのポイントを紹介しちゃいます。今回は”香港編”。海外へ行く予定のある方は是非参考にしてみてください!

■1:ワトソンズで売っている「ツバメの巣パック」はマスト

香港の街中にあるドラッグストア、ワトソンズ。こちらは独自開発の自社のオリジナル製品にも力を入れています。中でも是非試して欲しいのがツバメの巣パック。ツバメの巣といえば、高級食品であると同時に超高級化粧品にも使用されている代物。そんなツバメの巣を私たちでも手が出る価格でパックとして販売しているのがワトソンズの『BIRD’S NESTパック』。6枚入りで800円弱というチャレンジしやすい価格の上、高級パックも顔負けの小顔効果と保湿力。飛行機に乗って顔がむくんじゃったかも?と言う時はすかさず使いたい一品。

■2:日本より随分格安なフカヒレは是非食べて

日本よりお得感のある高級食品はツバメの巣だけではありません。美肌食の代名詞ともいえるフカヒレも香港では日本よりずっとお手頃価格で食べられちゃいます。コラーゲンを豊富に含んでいるフカヒレをスープなどで食べれば、旅先での満足度もグンと上がるかも。

■3:カーディガンやレギンスはマスト

むし暑いイメージの香港ですが、香港の冷房は交通機関からデパート、レストランまでどこもかしこも1年中冷房を最強にしているところがほとんど。更に夏の屋外は照りつける日射しかなりのもの。冷房による乾燥や冷えはもちろん、気温差を受けての風邪にも注意したいところ。足を冷やさないための靴下やレギンス、さっと羽織れるカーディガンのご用意は忘れずに。

■4:美容好きとしては街中の莎莎&ワトソンズ巡りも楽しい

香港はびっくりするくらい街中にドラッグストアがあります。中でもピンクがイメージカラーのキュートな莎莎(SASA)と、大人っぽくクリーンなイメージのワトソンズが二大巨頭。元々はイギリス領だった香港らしく外資系のスキンケアが思わぬお買い得価格になっていることも。店舗によって品揃えや価格も異なったりもするので美容好きとしてはドラッグストア巡りも旅の楽しみになり得るかも!?

■5:美容に良い美味しいがお茶たくさん!どんどん飲むべし

香港のレストランでは何も頼まずともジャスミンティーや白茶、プーアル茶が給仕されることもしばしば。油分を身体から排出してくれる上、温かいお茶をマメに摂ることで代謝も良くなったり、便秘が解消出来たりする効果があるからこそ、意識的にどんどん飲むのが良さそうです。お茶が切れたらどんどん補充してくれますが、お茶は基本的にポット料金のみでお湯を足すことで追加料金を徴収されることはないので、沢山飲むのがおすすめ。

いかがでしたか? 筆者視点での香港でのおすすめ美肌術、香港に行く際は是非参考にしてみてくださいね。

(前田  紀至子)

【関連記事】

※ 旅行先で便秘になる人は多い!なってしまったときの薬以外の解決法3つ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング