美肌になれる上に風邪予防ができる一石二鳥の美容家オススメ冬習慣4つ

LBR - Life & Beauty Report / 2013年12月28日 19時0分

写真

東京では初雪も観測され、ますます冷え込みが厳しくなってきていますね。今日は風邪対策と美肌作りを両立出来ちゃう、筆者が実践しているおすすめ習慣をご紹介したいと思います。

冬習慣1:タマネギを一日1個食べる

高いデトックス効果の硫酸アリルと、驚きの抗酸化力を持つアリシンが含まれる、美肌作りには欠かせないタマネギを1日1個食べるようにしています。硫酸アリルは水に溶けてしまいやすい性質なので、水にさらさずスープや煮込み料理に使う方がベター。私のおすすめはオニオングラタンスープ。体の芯からぽっかぽかに温まりますよ。

冬習慣2:五本指靴下の重ね履き

手足が冷えると血流が悪くなってしまい、顔色がどんよりとすぐれないばかりか、免疫力も低下し風邪をひきやすくなってしまいます。だからこそ手足の冷えは禁物。五本指靴下を2枚履きして、冷えを防ぐようにしています。

お座敷のお店などで不意に脱ぐときは少し恥ずかしいですが、ブーツの中でも蒸れずに快適で冷えも撃退! また、室内で過ごす際は更に五本指靴下の上にフリースの室内履きを重ねることも。冷え対策に「やり過ぎ」は無いのです。

冬習慣3:カラダの「首」をすべて温める

手首・足首・首といった“首”のつくところには大きな動脈が通っています。だからこそそれらの部位が冷えてしまうと動脈が冷え身体全体が冷えてしまうことに。特に首が冷えると体全体が冷えて風邪の原因になってしまうだけでなく、肩こりをダイレクトに誘発したり、顔色が青白くなってしまう恐れも。

首もとを冷やさないためにも冬場は大抵タートルネックや襟の詰まった服を着るようにしていますが、防寒目的以外にも「だらしなく見えないので良い」褒めて頂くこともあるので、タートルネックなど襟の詰まったスタイルはおすすめです。

冬習慣4:加湿器機能付きファンヒーターがおすすめ

そろそろ眠る時には暖房なしでは辛い寒さ。ですが、暖房をつけるとどうしても部屋が乾燥してしまいます。そこでおすすめなのが“加湿器機能付き”のファンヒーター。タイマー機能がついているものを選べば、おやすみの1時間後にオフして、起きる時間に再び稼働させることも可能。更に私はベッドに入る前の10分間にファンヒーターで足を温め、足元がポカポカな状態でベッドに入るようにしています。

対策とはいっても、特別なことはしておらず、どれも簡単なものばかり。私はこれらの習慣を始めてから冬の肌荒れが減ったばかりか、風邪という風邪をひかなくなりました。気になる方は是非お試しを!

(前田紀至子)

【関連記事】

※ 長引く恐れも!「実は間違い」の風邪NG治療4つ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング