美腸作りに効果的!子供のころに飲んだあの飲み物って?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年1月8日 19時0分

写真

忙しい年末年始が明け、うっかり風邪やノロを患いやすいこの季節。体調を崩してせっかくのお休みや遊びの予定を無駄にしないためにも味方につけたいのが、子供のころに飲んでた“あの”飲みものなんです。あの飲み物とはいったい!?

■乳酸菌は免疫力をUPさせる!

インフルエンザや風邪の菌に対する抵抗を高めるにあたって注目したいのが乳酸菌。乳酸菌が腸の抵抗を高めることはよく知られていますが、乳酸菌が多く作る多糖体(EPS)は免疫力を高める作用を持ちます。更に、腸は食べたものを消化、吸収するだけではなく、全身の免疫機能を調節する働きがあることも近年明らかになったのだとか。乳酸菌を摂って腸の免疫を高めることが全身の免疫力を高めることにも繋がると考えて良いようです。

■水分と一緒にヨーグルトを!

徹底的に予防したい風邪やインフルエンザの原因のウイルス。喉や鼻が乾燥してしまうとそこから風邪やインフルエンザのウイルスが侵入してしまうことが認識されるようになっていますが、水分補給だけではなく、乳酸菌も摂取することで更なる効果が期待できます。ちょっと小腹が空いた時やおやつの時間など、こまめに水分を摂りながらヨーグルトをつまむことで今まで以上にウイルス対策が出来るかも。

■子供のころに飲んでいたあの飲み物が効果的に!

水+ヨーグルトよりももっとお手軽に水分と乳酸菌を摂取出来る方法があります。そう、着目したいのは乳酸菌飲料の存在。2010年より健康食品としても認められている乳酸菌飲料、いわずと知れた『ヤクルト』や『カルピス』といった飲み物が代表格ですが、美味しく飲めて更に乳酸菌が豊富に含まれているのでちょっとジュースが飲みたいと感じたならば乳酸菌飲料を飲んでみるのもいいかもしれません。乳酸菌による爽やかな酸味は胃をすっきりさせる作用もあるので、お正月の食べ過ぎで胃腸が疲れている、気持ちが悪い、という人はヨーグルトはもちろん、乳酸菌飲料を冷蔵庫にストックしてみるのも手。

いかがでしたか? これからの季節、体調キープのためにもあなどれないヨーグルトと水分。乳酸菌飲料に着目してみてください。

(前田紀至子)

【関連記事】

※ 喉のイガイガはお肌乾燥のサイン!喉とお肌を一度に潤す食べ物まとめ

【参考】

※ インフルエンザ防御、「乳酸菌と水分」の補給が効果 − 日本経済新聞

※ 乳酸菌でカゼが引きにくくなる! – nikkei WOMAN Online

※ 乳酸菌でヘルシーライフ - 全国発酵乳乳酸菌飲料協会

※ 「カルピス」なんでもQ&A – カルピス

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング