“見る”だけ!2014春夏トレンドカラーでダイエット出来ちゃうことが判明

LBR - Life & Beauty Report / 2014年1月22日 19時30分

写真

せっかくリフレッシュできたのも束の間、昨年同様、プチストレスが積み重なる日々がスタートした方も多いのでは? ただでさえお正月太りのカラダに、知らず知らずのうちにストレス解消のために食べ過ぎ、飲み過ぎの悪循環の毎日になっていませんか?

今年こそは、ストレスを慢性化させないためにも、そしてストレス解消のための暴飲暴食に走らないためにも、“その日のうちのストレス解消”を心がけてみましょう。それには、春夏のトレンドカラーとなるあの色が大活躍なんです。

■日々のストレスにパワーをくれる色は何系のカラー?

短期的、単発的なストレスを緩和する色としておススメなのが、カラーセラピーでは「外向、放出、吐き出し」の意味をもつといわれる「赤」系なんだそうです! 「鎮静には「青」系では?」と思われる方も多いかもしれませんが、「青」は「内向、抑圧、溜め込む」を意味していて、短期的、単発的なストレス緩和目線では不向きと言われています。

■肌トラブルにも効果的!

「赤」系の中でも特にオレンジ系は、「いつも自分を抑圧しているタイプ」の方が、自己価値を認め、自分を中心に持ってくる、外に吐き出すということを可能にしてくれるので、最近の嫌な出来事、単発的なストレスの発散にはぴったりです。

また、内臓の働きを高めてくれる色でもあるので、内臓の不調からくるお肌トラブルにももってこいなのです。ストレスを感じて、我慢していることがあったら、身の回りの小物にオレンジ色のものを選んでみたり、置いてみたりなど工夫してみましょう。

■「そんな軽いもんじゃないのよ!」ストレスが長期化している場合は…

ちなみに、ストレスが慢性化している場合のストレス解消には、先ほども出てきた制止効果の高い、鎮静の「青」系がおススメです。

今年は、「青」に頼ることなく、オレンジカラーで心身スッキリでいきましょう!

(余慶尚子)

【関連記事】

※バスルームや寝室に向いてる色は意外にも●色だった!色に秘められたリラックス効果

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング