冷えは手足だけじゃない!「●●冷え」女子がやりがちな行動4つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月4日 21時0分

写真

じつは「腸」を温めるこそが冬の美肌の大前提! 腸の“温活”に勤しんでいる皆さま、もしかすると一見腸を健康的に働かせるつもりのその行動がかえって腸を冷やしてしまっているかもしれませんよ。腸冷えを促してしまうNGな行動、アナタはしていませんか?

■腸が“寒く”なっているかもしれないNG行動

■1:腸の動きを良くするために「食物繊維たっぷり」のバナナを毎日食べる

ビタミンやミネラルたっぷりでお肌に良く、更に酵素も摂れるから腸の活動を促すのにバッチリなバナナ。しかしながらバナナは暖かい場所で穫れる果物ゆえにマンゴーのように体や腸を冷やしてしまいます。冬はリンゴやみかんなどを食べるようにすると腸冷えを防ぐことが出来るでしょう。

■2:水分は出来るだけ沢山とる

便通を良くするためにも水分を摂ることは大切です。しかしながら冬場に冷たいお水をグビグビと飲むのは腸が冷えてしまうので好ましくありません。常温のお水や白湯をこまめに適量飲むのが好ましいでしょう。

■3:「お砂糖を入れて」ホットドリンク

冷たい飲み物は良くないからと腸冷えを防ぐために飲むホットドリンク。しかしながらここにも落とし穴が。白砂糖は体を冷やすとされています。甘くして飲みやすくしたいからといって白砂糖をたっぷり入れるのは逆効果になってしまうかも!?  はちみつや黒糖で甘みを足すのがベター。

■4:「ノンオイル」ドレッシングをかけて野菜を食べる

食物繊維を沢山摂って腸を活動的にさせるためにノンオイルドレッシングをかけて野菜をたっぷり食べる……のも実はNGなのです。ノンオイルドレッシングには合成甘味料が使われており、腸冷えの原因に。生野菜にかけた暁には思い切り腸が冷えてしまいます。野菜を食べる時は温野菜で、ポン酢やオメガ3系のオイルなどをかけて食べると良いでしょう。

よかれと思って食べていたものや飲んでいたものが効果薄どころか逆効果だと悲しいですよね。腸への温活の恩恵をしっかり享受するためにも腸冷えポイントは取り除くようにしましょう。

(前田紀至子)

【関連記事】

※温まるはずが逆効果!? 「かえって寒くなっちゃう」ホット飲料5選

【参考】

※ぽっこり腹の原因は腸冷え! 食事で腸活性化 – CREA WEB

※やせにくさの原因「腸冷え」解消法 – nikkei WOMAN Online

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング