5人に4人はセルライト女子! 今すぐ始めたい簡単美脚ケア

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月18日 19時0分

写真

見た目もボコボコと不細工なセルライト。なんと、日本人女性の80%以上にあると言われています(!)。しかもこの憎きセルライト、2~5年かけてじっくりと肌表面に凹凸として現れるって、皆さん、ご存じでしたか? つまり「今」お肌に凸凹がなくても、着々と「セルライト予備軍」が作られているんです。

■セルライトがお肌に現れてくるまで

 どこで作られているかというと、お肌のすぐ下の、肌表面から僅か約2ミリ下からある皮下組織の中にある「脂肪細胞」がセルライトのベースとなっています。 血液やリンパの巡りが悪くなることで、老廃物や余分な水分が停滞した結果、皮下組織にある脂肪細胞がそれらを引き寄せて大きくなり、その肥大化したモノ同士がお互いに結びつき、変形します。そして、数年かけてお肌表面に凸凹として現れ出てくるのです。

■2mmの“聖域”

ちなみに、皮下組織までの2ミリという層は、いわゆる真皮層にあたります。ハリや潤いを保つ、コラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸がある大切な部分です。セルライトは、そのお肌の「美」の部分に侵食し、肌表面に凹凸としてあらわれてくるので、結果、ハリや潤いも失われたお肌になるのです。

■リンパをグングン流す超カンタンな方法

(1)リンパドレナージュ

解決法のひとつに皮膚表面の血液、リンパ液の巡りをよくしてあげることです。「リンパドレナージュ」は医療の補完代替療法としても認められている手技で、根本的なむくみの改善、セルライト対策にもっとも相応しい手技と言えます。皮膚表面の巡りを調えることで、皮膚温度がすばやくアップして、カラダ全体の「巡り」「代謝」が高まります。

(2)ドライスキンブラッシング

リンパドレナージュはコツがいるのも事実。そこで誰でもカンタンにできる方法として注目されているのが「ドライスキンブラッシング」なんです! ミランダ・カーやヴィクトリアズシークレットのエンジェル達がやっていることでも話題ですよね。

 一度セルライトができるとカラダの巡りの“交通渋滞”が日常化し、セルライトがセルライトを生む「負のスパイラル」が始まってしまいます。 数年かけて表面に現れたセルライトを消すには、たくさんの時間と脂肪燃焼系の運動が必要となります。脂肪燃焼系の運動を効率的に行うためには、かなりの筋力アップも必要となるので、カンタンな「ドライスキンブラッシング」で毎日ケアしておくのをオススメします!

(余慶尚子)

【関連記事】

※実証済み!「不思議なほどスルーっと流れちゃう」むくみ取りテク

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング