「レバーは無理!」貧血・クマ女子が食べるべき3つの果物

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月13日 22時20分

写真

月経中はもちろん、普段でもしっかり取りたい栄養素、『鉄』。そんな鉄分が豊富な食べものといえば、レバーですが「レバーはちょっと苦手……」という人も少なくないのが実際のところ。サプリに頼るしかないかと諦める前に、手軽に食べられるドライフルーツで上手に美味しく鉄を摂ってみませんか? 今回はドライフルーツの中でも鉄分が豊富な果物を紹介します。

■鉄が足りないとどう困るの?

よく女性は鉄分を摂らなくてはいけないというけれど、どのような働きをしていて、欠乏するとどう困るのでしょうか。

鉄は体内で約70%が血液中において赤血球を作るヘモグロビンの成分としての役割を担っています。そして、約25%は肝臓などにストックされています。ヘモグロビンは呼吸によって取り込んだ酸素を体内のすみずみまで運びますので、鉄が不足して貧血になると、酸素が足りないことによって頭痛がしたり、めまいが起こってしまいます。

■日本人女子は鉄不足気味…

また、女性は月経の出血などで鉄が不足しやすいため、一日12mgの鉄の摂取が求められているのですが、厚生労働省の調べによるとここ数年はその目標値に達しておらず、成人女性の5人に1人が鉄欠乏性貧血であるとされています。

■鉄豊富なドライフルーツ3つ

貧血を防ぐための食事という目的だけでなく、おやつの時間にも鉄を摂取出来る、おすすめドライフルーツを3つご紹介します。

●レーズン

100g中2.3mgとフルーツの中ではトップクラスの鉄含有量であるレーズン。更に、鉄の働きを良くしてくれる銅も含まれているからこそ、朝から効率良く鉄を摂るべく朝食のグラノーラに混ぜて食べたりするのも良いですね。

●プルーン

バニラのような甘みが美味しいプルーンは鉄だけではなく抗酸化作用の高いポリフェノールも豊富。貧血を防ぎつつ、肌の老化も防いでくれるという女性のための果物と言えるかもしれません。

●干しあんず

あんず100gあたりの鉄含有量は0.3mgなのですが、干しあんずにした場合、レーズンと同じく果物でトップクラスを誇る2.3mgの鉄を含みます。また、βカロテン4800μg、カリウムは1300mgを含んでいるので肌の代謝を高めたり、むくみを改善するのにもぴったり。

どれもドライフルーツとしてポピュラーで手に入りやすく美味しく食べられる果物ばかりだから、皮を剥いたり準備をする手間無くいつでもどこでも気が向いた時に食べられるのが嬉しいポイント。目標値の1日12mgに少しでも近付くべくおやつは鉄が豊富なドライフルーツを選ぶのが良いのではないでしょうか。

(前田紀至子)

【関連記事】

※彼の前ですっぴんになれない…真っ黒クマ女子を救う「●●」美容

【参考】

※鉄不足になると – 雪印メグミルク

※鉄 – 栄養成分ナビ – 江崎グリコ株式会社

※カリフォルニア・レーズンの栄養成分 - カリフォルニア・レーズン協会

※機能性素材としてのプルーン – カリフォルニア プルーン協会

※あんずの豆知識 - 株式会社 三海

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング