4人に1人が不足気味!? ふんわり美肌にゼッタイ必要な「鉄分美容」

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月6日 19時0分

写真

『コラーゲン』や『ヒアルロン酸』という文字を見ると「お肌がキレイになりそう!」と、嬉しくなっちゃいますが『鉄分』ってあまり意識しませんよね。でも実際には、日本人女性の4人に1人は貧血状態なんだとか。あなたを悩ませている、頑固なクマや、なんとなくダルい、元気がないというプチ不調は、もしかしたら鉄分が足りていないのかも知れませんよ!?

■日本人女性は『鉄』が不足しやすい!? 

『鉄分』は、体内で合成できないうえ、あまり吸収率が良くありません。とくに、ほうれん草など植物性食品に含まれる『非ヘム鉄』は2~3%しか吸収できません。動物性食品に含まれるヘム鉄でさえ、15~25%しか吸収されません。貧血気味だから……とほうれん草を沢山食べていませんか? 食べるなら、「ほうれん草」ではなく、「赤身のお肉」や「乳製品」ですよ!

女性は、月経や妊娠・出産によって鉄分が多く失われますが、最近の日本人女性に関しては、出産年齢が遅くなり、出産回数も減ったことから、月経による鉄分の排出量がさらに増え、鉄不足になりやすくなっているという背景があります。

■鉄分とお肌って、どんな関係?

では、鉄分が不足するとお肌にはどんな影響が出るのでしょうか?

(1)カサカサ・くすみの原因に!

鉄分が不足すると充分な『ヘモグロビン』が作られなくなります。ヘモグロビンは、肺で酸素と結合し、全身に酸素を運ぶ働きをしているのですが、ヘモグロビンが不足すると酸素を掴むことができず、血液が酸欠状態になってしまします。酸欠状態の血液では、お肌の細胞に酸素や栄養が届かず、細胞が栄養不足になっちゃいますよね! そして、お肌全体が元気を失い、カササカ、くすんだお肌になってしまうのです。

(2)真っ黒なクマも鉄分不足!?

血液は、ヘモグロビンが酸素と結合している間は綺麗な色をしていますが、鉄分不足からヘモグロビンが減り血液が酸欠状態になると、血液の色が赤褐色になってしまうんです! 目の下は皮膚が薄いため、血液の色が透けて見えて“真っ黒クマ”となってしまうのです。

■鉄分を効率よく摂るには?筆者オススメ乳製品4つ

赤みのお肉や乳製品を食べても、吸収率が悪いのがネックとなる鉄分。重点的に鉄分を補給したいなら、鉄分強化食品がおススメ。乳製品なら、乳酸菌も摂れて腸内美化にも役立ち一石二鳥ですね!4つピックアップしてみました。

●1日分の鉄分ヨーグルト(オハヨー乳業株式会社)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング