カサカサ女子が温めるべきは●●の冷えだった!超癒される楽チンワザ3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月14日 12時0分

写真

寒~い季節に欠かせないのが『冷え取り』ですよね。みなさん、手足の冷え取りは心がけていると思いますが、“お顔”の冷え取りはどうですか? 「え?顏に冷え症?」と思いますよね。でも、顏は、常に外気にさらされているため、実は一番冷えを感じやすい部分なのです。お顔の冷えを改善すれば、カサカサ肌女子も、潤いのあるつやつや肌に変わるかも知れませんよ!

■顏にも冷え症があるの?

顏は常に外気にさらされているため、手足以上に冷えています。特に、乾燥する秋から冬にかけては、「冷え」+「乾燥」という過酷な外気に無防備にさらされています。身体の冷えが血行を妨げるように、お顔も冷えることで血行が悪くなってしまいます。

■顔が冷えるとお肌が老ける…!

もともとお顔の血管は細いですから、血行が良い状態を保たなければお肌の細胞に酸素と栄養が届かず、皮脂バランスが崩れカサカサ肌になったり、栄養不足のシワシワ肌になってしまうのです!

■内勤だし、東京だし…というのは関係ない!

あまり寒いところに居なから大丈夫!」と思うのは、ちょっと間違い。室内でも暖房によって空気が乾燥していますし、暖かい室内から寒い外気にさらされると、一気に血管が収縮して血管にストレスがかかり活性酸素が発生する一因になります。室内で過ごすことが多くても安心できないのが、お顔の冷え症なのです!

■顏を温めて美肌を育むステキ&楽チン方法 3つ

では、お顔の冷え症は、どうやってケアしたら良いのでしょうか?常にマスクをしているわけにもいきませんよね。買ってみたものの飲んでいないハーブティはありませんか?お顔の冷え症ケアにはハーブティが役立ちます!

(1)ハーブ風呂

お風呂にハーブティを入れましょう!ハーブの効果でお肌の保湿になるだけでなく、温め効果もUP。香りも楽しめてリラックスにも◎

(2)ハーブパック

濃いめに煮出したハーブティをタオルに染み込ませ、お顔を包み温めましょう!このとき、ラップで蓋をすると蒸気が逃げずにお肌に浸透します。お顔だけでなく、首や肩を温めれば、さらに血行が促進できてお顔の冷え取り効果もUP!

(3)サシェ

ハーブティのティパックを枕元に置くだけで、サシェの代わりになります。鼻からの刺激は、ダイレクトに脳を刺激して、すぐにリラックスすることができます。気持ちがリラックスすれば、筋肉の緊張が和らぎ、それだけでも血行促進になるのですよ! さらに、睡眠中には、お肌や頭皮の細胞に酸素と栄養が届けられ、美肌と美髪が産まれます。置くだけでOKですから、今夜から試してみて!

■スキンケアにも使えるおススメハーブ

●冷え取り重視なら

ジャーマンカモミール、サフラワー(紅花)、ローズマリー、タイム など

●リラックス重視なら

ラベンダー、ローズ、オレンジピール、ジャーマンカモミール など

●肌質改善なら

エリカ、レモンバーベナ、セントジョーンズワート など

乾燥の気になる季節は、外側からのケアも大切なのですが、お肌の状態が良くなければケアの効果も半減してしまいます。お風呂に入れるだけ、枕元に置くだけ、だったら今夜からできますよね!買ったけど実はハーブティは苦手だった……という方、ぜひスキンケアに使って、有効活用しちゃいましょう!

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※温まるはずが逆効果!? 「かえって寒くなっちゃう」ホット飲料5選

【参考】

※ FITTY 3月号

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング