ダークトーンが可愛い気分!色白小顔にも見えちゃう理由と美髪キープ法3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月19日 22時0分

写真

「清楚に見えて、清潔感もある!」と、巷は空前の黒髪・ダークトーンカラーのブーム。石原さとみさんなどまさにそのイメージ! まだトライしてないけど、すっごく気になっている!という人のために黒・ダークトーンカラーヘアーのメリットと、より髪をきれいに見せるための簡単お手入れポイントを3つご紹介します。

■色白に見えちゃう理由

まず黒髪やダークトーンのカラーの髪は肌の色を白く、明るく見せてくれる効果があります。これは色彩の理論に基づいたもので、肌の色と黒い髪のコントラストが強くなることで肌色を本来の色より白く感じるため。美白女子を目指している人は黒髪やダーク系のカラーにすることで「錯覚の効果」も味方にしながら白い肌に近付くことが出来ます。

■小顔にも見えちゃう理由

洋服やマフラーなど明るい色を顔の周りに配置することで顔がぼんやりと大きく見えてしまうことからも分かるように、ダーク系カラーの髪にして顔まわりを引きしめることで小顔フレーム効果が期待できます。小顔フレーム効果をさらに味方につけたい場合は前髪を作ることで顔の面積も小さくなり小顔効果は絶大に!

■美黒髪キープ法3つ

良い事尽くめのようですが、ツヤ感やサラサラ感への周囲からの視線はよりチェックが厳しくなります。痛んでいない美髪をキープしたいところ。美黒髪を保つために日常生活で気をつけるべきポイントは以下の通り。

1)アイロンは控えめに

ふわふわの巻き髪を作るのには欠かせないヘアアイロンですが、200度前後の熱で髪にクセをつけるものですので、言わずもがな髪には絶大なダメージを与えてしまいます。ヘアアイロンの使用回数を減らして、普段は黒髪を活かしたサラサラストレートヘアを楽しむのがいいかもしれませんね。

2)ヘアオイルを活用

人気サロンACQUA青山店のヘアスタイリスト熊谷安史さん曰く、家でのヘアケアで軽視出来ないのがヘアオイルの存在。髪の毛に栄養を与えてくれたり、パサつきを抑えてくれる他、髪にツヤを出してくれるので、ツヤが命とも言える黒髪はヘアオイルをうまく活用したいところ。スタイリングの前や、お風呂上がりに髪をドライヤーで乾かす前に塗ってあげると良いのだとか。

3)髪は優しく結ぶ

髪をキツく縛ってしまうと結んでいる部分に圧力がかかってしまい、キューティクルが傷つきやすくなってしまいます。当然ゴムが見つからないからと輪ゴムで結ぶのは言語道断!髪用のゴムでほどけない程度のゆるさに結んであげるのが良いでしょう。

ツヤのあるサラサラ黒髪は男ウケもばっちりなのだとか。美しい美黒髪を手に入れれば美肌にも益々磨きがかかるかもしれませんね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※誰も教えてくれなかった!「傷んでしまった」髪にツヤを取り戻す4つの極意

【参考】

※潤って見える「黒髪」を手に入れよう! – 美的 – X BRAND

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング