罪悪感を感じない!コンビニで美人飯を選ぶコツ3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月25日 22時0分

写真

お肌にあまり良くなさそうな気がしてしまうコンビニランチ。毎日食べていると罪悪感すら感じてしまったり……だけど選び方次第でお肌にとってマイナスどころか味方になってくれるかもしれません。上手はコンビニご飯のチョイス方法を伝授します。

■コツ1:お弁当ではなく総菜を組み合わせる

お昼時の空腹時についつい直行してしまうのがお弁当コーナー。しかしながら、美肌的視点で選ぶならば、ボリューム満点の揚げ物や油物がメインに鎮座するお弁当よりも、一品一品組み合わせて空腹を満たす総菜類がおすすめ。サラダ類や蒸し鶏、煮物など、お肌の状態を見極めながら、自分に必要なメニューを組み合わせることで定番のコンビニメニューだって美肌に活かせます。

■コツ2:働く女性に向けたメニューを手に取る

近年各コンビニエンスストアから発売されている女性向けメニュー。「おしゃれでカロリーが低い」というイメージですが、それだけではなく、野菜をたっぷりと使っていたり、大豆や豆乳といったお肌にとっても嬉しい効果が期待出来る内容のものもたくさん。冷えを防ぐために生姜を使っているメニューなどもあるので、それらの商品を食べ比べてみるのも良いかもしれませんね。

■コツ3:納豆巻きは添加物が少なくて◎

お惣菜やスープ類と合わせて買うおにぎりや巻き物。近年はバラエティに富んだ色々な味のものが発売されており、どれにしようかと迷ってしまうかもしれませんが、美肌視点で見ておすすめなのは、納豆巻き。ネギトロ巻きなどの他の巻き物に比べても添加物の量が少ないのだとか。更に納豆を食べることで大豆イソフラボンも摂取出来てしまうのだから迷わず納豆巻きを手に取りたいところ。


選び方次第でお肌にマイナスどころがお肌にとってもプラスに出来てしまうかもしれないコンビニランチ。自分なりの黄金セットを考え出すのも楽しいかもしれませんね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※ ちっとも小顔にならなくて当たり前!「体重の割に大顔」女子が陥りがちなダイエット4つ

【参考】

※ 中食・外食派必見!「素材」チョイスでメタボ回避を – からだカルテ – タニタ

※ ~働く女性の毎日の食生活を応援!~ 野菜料理家庄司いずみさん – 株式会社ファミリーマート

※ 渡辺雄二(2010)「コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品(だいわ文庫)」(大和書房)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング