見逃しがち! 一番の花粉症対策は「●●を綺麗にすること」だった!?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年3月4日 22時15分

写真

花粉症の人はすっかり消耗しちゃって家に着いた頃にはもうグッタリ……、しっかり家事する気力なんて残ってない!という気持ちも分かりますが、ともかく「掃除」だけは踏ん張って毎日行って部屋を綺麗に保つことで、花粉症の悩みも軽減するかもしれないんです。どうして部屋掃除が花粉症に効くの?どう効果があるの?そんな疑問にお答えします。

■掃除が一番の防御

「攻撃は最大の防御」という名言がありますが、掃除もまた花粉症にとって大きな防御となり得ます。花粉を30個吸入することで症状が出るとも言われていますが、意識せずに生活をしてしまうと1日あたり約2000万個もの花粉が侵入してしまうのだとか(花王調べ)。部屋の中を花粉のアジトにしないためにも部屋掃除を徹底して、花粉の侵入を防ぎましょう。

■気持ちよく花粉症対策するための掃除テクニック3つ

掃除をする際もマスクを併せて着用すれば吸引する花粉の数は1/3~1/6にすることができるそうですよ!

1)掃除機の前にまずは拭き掃除

部屋の中の花粉をマメに取り除くためにフローリングやラグの床掃除は毎日行いたいもの。しかしながら最初に掃除機をかけると花粉が舞い上がってしまい、思いっきり吸い込むことになりかねません。掃除機をかける前にシートタイプのワイパーなどで先に花粉を拭き取ってから掃除機をかけるようにしましょう。

2)部屋の換気は花粉の飛散量が多い時間帯を避けて

花粉を遠ざけたいといえども、換気を行っていないジメジメした部屋も考えもの。部屋の換気をする際は1日の中で花粉が多く飛ぶ11時から14時頃を避けて行いましょう。また、部屋に窓が複数ある場合はそれらの窓を全て開けるのが◎。複数の窓を開ける分、開けている時間を短くすることで効率良く花粉の侵入を抑えることが出来ます。もちろん網戸はちゃんと閉めて花粉を徹底ガードしましょう。

とはいえ1時間換気した際に部屋に入ってくる花粉の数は1000万個ぐらいだといわれていて(3LDKマンション一戸の場合)、こんなに入ってきてしまったら元も子もないので、コツといては開窓の幅を「10cm程度」にすることと、「レースのカーテンを使用する」ことで侵入する花粉を約1/4に減らすことができるそうですよ。

3)シーツやクッションはマメに洗濯して室内干しを

シーツやクッションといったリネン、布類にはどうしても衣服などについた花粉がうつり、付着してしまいがち。この時期は清潔さを保つためだけでなく、花粉対策としてもマメに洗濯することが重要となります。とは言ってもこの時期は天日干しは厳禁。部屋干しで花粉を付着させないサイクルを作ってしまいましょう。部屋干しをすることで部屋の湿度が保たれ、花粉を舞わせないというメリットも。

居住空間は意識するのとしないのとで、花粉の量が比べ物にならないほどに変わってきます。自宅を花粉のないオアシス空間にすれば辛い花粉の時期も快適なインドア生活で乗り切れちゃうかも!?

(前田紀至子)

【関連記事】

※髪には花粉の●●倍の「PM2.5」が!今すぐすべき対策3つ

【参考】

※環境省の花粉飛散情報をチェックして早めの治療と日常生活の対策に役立てよう – 政府広報オンライン

※平成26年春の花粉飛散予測(第3報)について(お知らせ) – 環境省

※花粉の時期の HOW TO お掃除 - 花王

※2014年度花粉症特集 – タケダ健康サイト

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング