本当に「●●しちゃいけない」の?生理中のタブー4つを徹底検証!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年3月7日 21時0分

写真

気分も体調も優れない月経中。少しでも辛い思いは軽くしたいし、ストレスも溜めたくないですよね。「生理中は~しないほうがイイ」という“なんとなくの”通説がたくさんありますが「本当にしちゃダメ」なのか、むしろ「したほうがイイ」ということはないのか、4つのタブーについて調べてみました。

■1:「お風呂入っちゃいけない」って本当?

→×(入った方が月経痛が和らぐかも?)

月経中は出血も気になり、シャワーだけで済ませなければいけないような気がしてしまいますが、清潔なお湯であれば入浴して問題ありません。むしろ入浴することで血行が良くなるので、生理痛を緩和させる効果も期待できます。もしも月経2~3日目で経血の量が多くて心配だという場合はタンポンを使用するとバスルームを汚してしまうのでは?という不安も解消出来ますヨ。

■2:「チョコレートを食べてはいけない」って本当?

→△(食べる種類によります)

月経中にチョコレートを食べると経血が増えるという都市伝説もありますが、実は科学的な根拠はないようです。しいて言うならば、糖分がたくさん含まれているチョコレートは砂糖の作用により体を冷やし、生理痛を重くしてしまう怖れがあります。とは言えども、どうしても月経中は甘いものが食べたくなってしまいがち。糖分控えめ、カカオ多めのビターチョコレートなどを選んで食べると良いでしょう。

■3:「運動は控えたほうがいい」って本当?

→×(気分転換のためにも軽い運動がおすすめ)

ハードな運動は腹痛や悪心を招く怖れがあるので避けた方がベターですが、軽い運動をすることは気持ちを血行を良くするばかりでなく、月経中の憂鬱な気分を和らげてくれる作用もあります。特に呼吸を整えてリラックスしながら冷えを改善するヨガや、新緑を眺めながら過ごすウォーキングなどは心にも体にもおすすめ。ただし、ヨガをする場合は血液が逆流する“スタンド系”の『アーサナ』は避けるようにしましょう。

■4:「お酒・タバコはNG」って本当?

→〇(控えるにこしたことはありません)

月経前から月経中にかけてはアルコールの分解能力が低下し、酔いやすかったり悪酔いすることがあります。また月経中は経血の出血を促進させてしまいますので、お酒を飲む場合は少量に留めるのが吉。タバコは血管を収縮させてしまい、月経の症状を重くしてしまうので吸わないにこしたことはありません。お酒もタバコも出来る限り控えめにしましょう。

なんとなく疑問に思ってはモヤモヤしていた4つの謎に白黒つきましたか? 生理のユーウツ気分も少しは晴れるかもしれませんよね!

(前田紀至子)

【関連記事】

※これでユーウツも半減!生理痛をラクにする食べ物と生理中は避けたい食べ物

【参考】

※生理痛に関するよくあるご質問 – 健康キレイナビ – LION

※月経の時のすごし方 – ソフィ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング