女性の4人に1人が悩んでる! 春こそ肩がコリやすい理由って?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年3月9日 19時0分

写真

新しい職場や学校生活、あらゆる新生活の区切りとなる季節、春。期待いっぱいの春ですが、不安や緊張、その他様々な要因によって不調を感じる季節であることも否めません。とりわけ多くの人が感じやすいのが意外にも「肩こり」なんだとか。今日は春の肩こりについてお話したいと思います。

■女性の4人に1人が悩まされている春肩こり

花王株式会社とパナソニック株式会社が共同で運営している血めぐり研究会が20代~50代の女性900名対象に行った調査によると、冬から春への季節の変わり目に感じる肌やカラダの不調について、4人に1人もの人が、肩こりに悩まされていることがわかりました。乾燥に次ぐ2番目に多い悩みというのは意外ですね。1月2月に比べると少し温かくなるものの、冷えやストレスを引き続き感じやすいこの時期だからこその悩みのようなのです。

■原因3つ

それでは春の肩こりの原因とは一体どのようなものなのでしょうか。実は肩こりの原因は数十種類もあるそうなのですが、この時期に主要なものをピックアップしてみました。

1)春のファッションを先取りすぎ!

暦の上では春とは言っても、雪が散らつく日すらある3月の気温の低さ。それでもファッション雑誌の春特集の影響などもあってか、オシャレのためにと真冬の服装をする人は減るのがこの時期。冬とそう変わらぬ寒さなのに服装だけが薄着になるのでどうしても体は冷えてしまい、血流が悪くなり肩が凝りやすくなってしまうよう。

2)花粉症

花粉症によるくしゃみや鼻づまりは集中力を低下させ、ストレスを感じ易くなることがあるのだとか。ストレスは血めぐりを悪化させるため、肩こりを感じる人が多くなることが予想されるほか、血のめぐりが悪くなると、痛みや疲れのもと溜まりやすくなったり、くしゃみで肩に力が入るあまり肩こりの原因になることも少なくありません。

3)新しいスタートによる緊張

春は変化の季節。卒業や入社、転職、転勤などといった環境の変化が多いもの。そんな変化に負けじと身体はストレスを感じて無意識のうちに交感神経が優位の状態になっています。そうなると身体の末端までスムーズに血液がめぐらず、肩こりを感じやすくなってしまうのだとか。

■春におすすめ肩こり解消テクニック

●午前にウォーキング

ウォーキングによる適度な運動は血流を促してくれます。また、日光を浴びることによってセロトニンが分泌され、自律神経が整いリラックスにも効果が抜群。肩こりをダイレクトに解消するためにも気持ちの良いお天気の日は腕を大きく振りながらウォーキングをするのがおすすめです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング