意外!「花粉やPM2.5でガビガビ」な肌を救ってくれるのは「美味し~い」アレ!?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年3月19日 22時0分

写真

今年の春は花粉、黄砂、PM2.5……と肌が絶不調に陥りやすい要素満載。もしもおやつを食べることで肌ピンチから脱却出来るとしたらそんな嬉しいことはないですよね! 今日は春の肌ピンチ対策におすすめのあのヨーグルトについてお話したいと思います。

■あのヨーグルトって…!?

あのヨーグルトとは、とろみのある独特の食感が特徴の『カスピ海ヨーグルト』。実はその粘り成分に、アレルギーが原因で起こる皮膚炎改善や肌質向上パワーを期待出来ることが判明しました。他のヨーグルトでは認められなかった皮膚の炎症や肥厚化、水分量の低下といった症状を抑える効果がカスピ海ヨーグルトには見られるということで、季節の変わり目のナイーブな肌のトラブル防止としても効果が期待できそう。

■アレルギー体質改善にも期待大

また、花粉症などのアレルギーは体内でIgE抗体という物質が過剰に作られるとによって引き起こりますが、カスピ海ヨーグルトを一日150gずつ1ヶ月間摂取し続けることによって血液中のIgEレベルが低下することも明らかになりました。アレルギーが辛いという人は毎朝朝食に150gを目安にしたカスピ海ヨーグルトを食べるのが良いかもしれませんね。

■手作りも出来る!

 カスピ海ヨーグルトのさらに魅力的なところが「自分で手作りも出来る」ということ。一般のヨーグルトと異なり、20〜30℃で発酵させることができるため、自宅等でも簡単に作ることが出来るんです。

●牛乳500ml(種類別 牛乳表示があり未開封の新鮮なもの)、●ヨーグルトをつくる容器(容量500ml以上で熱湯消毒に耐えるフタつきのもの)、●粉末種菌1包という3要素さえあれば簡単に作ることが出来る上、どんどん植え継ぎも出来るので、一度作ってしまえばカスピ海ヨーグルトを食べることを習慣にするのも難しくなさそうです。

独自のとろみがリッチなおやつ、カスピ海ヨーグルト。肌の調子を整えてくれたり、肌の炎症にも効果が期待出来るからこそ、美肌や美腸に対して意識の高い人はすでに取り入れているみたいですよ!早速筆者も真似してみたいと思います。

(前田紀至子)

【関連記事】

※最近のマスク可愛いすぎ!美容家が自腹で買った「超使える」マスク3つ

【参考】

※-日本農芸化学会2014年度大会で発表予定- 「カスピ海ヨーグルト」の粘り成分がアトピー性皮膚炎を改善 菌体外多糖(EPS)がアトピー性皮膚炎モデルへ与える効果を検証 – PR TIMES

※アレルギーへの効果 – カスピ海ヨーグルト研究会 -

※楽しい手作り – カスピ海ヨーグルト研究会

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング