飲み会続きで太っちゃってない?カクテル美人になれるオーダー法3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年4月8日 21時0分

写真

新歓コンパや歓迎会などお酒の季節が増える今の季節。「付き合うのがマナー」と頑張って飲むのは立派ですが、無理がたたって翌日肌が荒れてしまったり、むくんでしまったりしたらやりきれないですよね。お酒が強い人もついつい油断して「最近太っちゃって…」なんて悩みの会話が聞こえはじめてくるのもこの時期だったりします。今日はお酒に慣れていない人も強い人にも試してもらいたい「ビューティを邪魔しない」カクテル注文法を紹介いたします。

■カクテル飲用者は女性や低年代層で多く、女性20代では6割弱

マイボイスコム株式会社が「カクテル」に関してインターネット調査を実施したところ、11,801件の回答のうちカクテルの飲用者は43.5%で、女性20代では6割弱を占めることが明らかになりました。口当たりがよく、適度な飲みやすさや甘みを楽しめるカクテルはお酒に慣れていない人でも背伸びせずに美味しさを感じられるアルコールであることが大きな要因であると言えるでしょう。

■美肌キープのオーダー法3つ

そんなカクテル、飲み方や注文の仕方によっては、実は美肌をキープ出来ちゃうドリンクになってくれます。ここでおすすめのオーダー法をご紹介。

1)「生のフルーツを使ったものが飲みたいです」

フルーツを置いているお店でおすすめなのは、ビタミン類豊富なフルーツを活かしたカクテルの注文。オレンジやグレープフルーツといった柑橘系は扱っているお店も多いので、発見したらすかさずチェック&オーダーを。お酒を飲みながらビタミンを摂取出来るだけではなく、『カリウム』が含まれているからこそ、むくみ対策にもばっちり。

2)「ソーダやトニック多めでお願いします」

カクテルに使うリキュールは糖分が大変多く含まれています。だからこそ、気を抜いてグイグイ飲んでいるとアルコールでむくむばかりか、糖分を摂りすぎに繋がるおそれも。それを防ぐためにもソーダやトニックといった割りものを多めにしてもらうのがおすすめ。悪酔い対策にも有効です。

3)「“ヨーグルト系カクテル”あります?」

パッションフルーツ系のリキュールや赤ワインなどをヨーグルトドリンクで割ったカクテルは飲みやすい上に、美肌効果も大。実はヨーグルトもヨーグルトドリンクも100g当たりの乳酸菌の量は同じで、腸内細菌のバランスを整えてくれたり、お腹の調子を良好に保つといった効果に違いはないようです。アルコールでお腹の調子が悪くなりやすいという人にもヨーグルト系カクテルはおすすめ。

メニューにずらっと並ぶアルコールメニューの数々。どんな飲み物を頼めば良いか分からない……という人は「肌にもカラダにも良いカクテル」という視点でオーダーしてみても良いかもしれませんね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※飲み会続きでもキレイな人はお酒を飲む前に●●を食べている!

【参考】

※【カクテルに関するアンケート調査】(マイボスコム株式会社) – PRTIMES

※疑問を解決!ヨーグルト辞典 – 株式会社 明治

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング