美容ライター告白「●●を変えたらファンデーションの塗る回数が減った!」

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月16日 21時30分

写真

肌トラブルがあるときほど、それを隠すためについついファンデーションを重ねてしまうのが乙女心。でも、ファンデ<ーションの重ねづけは肌に悪いのはもちろんのこと、これからの季節は「余計崩れやすいメイク」をすることに他なりません。そんな厚塗り女子から卒業する、意外な方法をご紹介します。

■「隠すための」ファンデーションは、さらなる「厚塗り現象」を招く!

20代に多いと言われている、ファンデーションの塗り過ぎ現象。隠したい所へつい重ね塗りしたくなるのは分かりますが、残念ながらファンデーションの塗り過ぎは、刺激となったり毛穴に洗い残し残ったりとかえってニキビや肌荒れの温床となります。そして、またそれを隠さねばならずファンデーションを厚塗り……、と問題の無限ループです。

ですから、隠したい部分を重ね塗りしてカバーしていくという行動から、肌そのものを綺麗にしてファンデーションを薄くしていく方が合理的ですよね。

■「カラダの中からキレイになる事」がファンデーションを減らす近道

肌が綺麗であればファンデーションも薄づけで問題ありませんよね? 厚塗りは崩れやすいので、夏のベタベタ肌へとつながってしまいます。体の中から綺麗になる事でサラサラ肌を手に入れましょう。

(1)サイドメニューをプラスしてみる

日々の食生活の中で一日のバランスを考えて食べていますか? 例えばカロリーが高そうな物などで「牛丼が食べたい!」「パスタが食べたい!」と思った時にサイドメニューは頼みますか? 量とカロリーだけで考えるとサイドメニューは頼まないほうがヘルシーかな、と思ってしまうかもしれません。でも、これがNG! 生野菜のサラダは、ビタミンCが豊富に摂取でき、温かいスープは飲むだけで代謝を上げてくれます。そのため、胃にも負担が掛からず、お肌のトラブル対策にもむしろ食べた方がイイというワケです。

(2)1日に「できるだけ多種類」の野菜を食べる

一時期『トマトダイエット』『バナナダイエット』など単品ダイエットが流行っていた時期もありましたが、いくら野菜・果物であっても“ばっか食べ”は栄養が偏ってしまって本来栄養素がもつ働きが鈍くなってしまいます。野菜から摂取したポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウムなどをしっかり機能させるには、「相互的な作用する」ということを肝に銘じて。

(3)「薄ファンデOK肌」をつくるオススメ夏野菜6選

ニキビや肌荒れの原因へアプローチしてくれる栄養素たっぷりの、救世主的夏野菜6つをセレクトしました。

●トマト

トマトに含まれる『リコピン』。この効果をもっと発揮するには、生で食べるよりも、火にかけてあげたほうがイイんです。ですから、トマト缶や、トマトジュースの利用をオススメします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング