「ぽっちゃりが可愛い」はウソ!? 男子が虜になっちゃうイイ女になる方法3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年4月21日 22時0分

写真

何を食べても美味しい季節。ついつい「ちょっとくらいぽっちゃりしてる方が可愛いよ」という彼の言葉を真に受けてしまっているけれど、本当のところどうなの? 女性のスタイルに関する、世間の男性の本音に迫ってみます。

■恋人にするなら「スリム」と「ぽっちゃり」どっち?

マッチアラーム株式会社が独身男女2,852名を対象に、恋活・婚活に関する調査を行ったところ、「Q. 恋人にするならどっちのタイプを選ぶ?」という質問に対し、男性77.6%もの人が「スリム体型」と回答したことが明らかになりました。さらに20歳〜29歳の若い男性に至っては78.8%がスリムな体型を選択。どうやら私たちが想像している以上に男性にとってスリムな体型は魅力的なのかもしれません。

■スリムの方が良いという男性の声とは?

ではどうしてスリムな体型の方が好ましいのでしょうか。

「清潔感があるし、自己管理ができてそうだから」(男性/30代前半/栃木県)

「やっぱりスリムな方が綺麗な為。」(男性/20代前半/東京都)

「モデルみたいでキレイ!横に連れてたら自慢できるので。」(男性/20代後半/奈良県)

「ぽっちゃりは、ズボラなイメージ」(男性/30代半ば/東京都)

「努力してる印象を受けるから。」(男性/20代前半/東京都)

「スリムということは、美の意識が高いから。」(男性/30代半ば/神奈川県)

どうやら、スリムであることが外見として魅力的に感じるばかりか、美意識や自己管理の象徴として捉えている男性が少なくない模様。チェックの厳しい男性陣に一目置かれるには、「スリムさ」と「肌のコンディション」の両立が大切であると考えた方が良いかもしれません。

■美肌をキープしながら「するっとスリム体型になる」生活習慣3つ

ここで美肌とダイエットの両立のキーポイントとなる日常生活のコツ3つをご紹介します。

(1)ランチのメニューは「たんぱく質」系を

カフェや学食、社食など、複数からメニューを選べる場合、丼ものやパスタなども魅力的に感じます。しかしながら、そこで炭水化物系ではなくチキンソテーなどのたんぱく質を選ぶことでお肌にも体型にも大きな差が出ます。また、付け合わせはご飯ではなくパンにして、出来るだけ手を付けないのもポイント。

(2)おやつはスナックではなく、ドライフルーツやナッツ類

なかなか我慢出来ないおやつや間食の誘惑。しかしながら『トランス脂肪酸』たっぷりのスナック菓子をぐっとこらえて、ビタミンやミネラル豊富なドライフルーツやナッツ類で小腹を満たすことで、スナック菓子に比べて大きな差が。どうしても濃厚なものを食べたくなった場合はチーズに蜂蜜などをかけて食べるのも手です。

(3)暖かくなっても「毎日の入浴」がマスト

これから暖かくなって来ると、入浴ではなく、シャワーを浴びるだけでバイスタイムを済ませてしまう人も少なくありません。寒さを感じないといえども、入浴しないと代謝が落ちてしまいます。更に炭酸入浴剤やバスソルトを入れることで高い発汗効果が見込めるのでダイエットの場合は活用してみては。

案外厳しい異性のチェック。クリアするには、ちょっとした工夫の積み重ねが大切なのかもしれませんね。これで王子様と恋に落ちるチャンスだって逃さないかも?

(前田紀至子)

【関連記事】

※美容家だっておやつ食べます!「コンビニでも買える」ビューティーおやつ5選

【参考】

※恋人にするならスリム体型、ぽっちゃり体型どちらがタイプ?男女ともに75%以上が「スリム体型」と回答(マッチアラーム株式会社) – PRTIMES

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング