お腹が空いたときの新習慣! 食欲を減らせる「超カンタンな●●運動」

LBR - Life & Beauty Report / 2014年4月30日 12時0分

写真

薄着の季節を目前にして、ダイエットしなければ!と思っている女子も多いはず。体重は、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスで調節されることはわかっているけれど「食欲は止まらないし、外に運動に出かけるのも億劫……」という女子に、お家でTVを見ながらできちゃうなんとも嬉しい簡単エクササイズをご紹介します。

■食欲抑制効果が証明された「縄跳び」

厳しい体重制限のあるボクシングのトレーニングで、縄跳びをするのは知られていますよね。一般の人にも縄跳びは有酸素運動の側面に加え、食欲を抑制する効果があることが早稲田大学スポーツ科学学術院の研究で科学的に証明されています。

この研究は、(1)縄跳びを断続的に行う、(2)自転車を漕ぐ、(3)何もしない、という3つのパターンの後の空腹感の度合いと、血中の食欲を司るホルモンの値を調査したものです。(1)と(2)では、縄跳びが重心の大きな上下運動がある有酸素運動であるという特徴と、重心の上下運動がない有酸素運動である自転車とを比較しています。結果は空腹感が最も小さかったのが縄跳び後で、次が自転車。これらは何もせずにいた場合の空腹感と比べてかなり差があったと報告されています。また食欲を刺激するホルモンの数値が、縄跳び後にいちばん数値が下がったと判明し、上下運動が腸を混乱させて食欲ホルモンの放出を抑制したという結論になっています。

■部屋で簡単にできる!食欲を抑える「なんちゃって縄跳び」

とはいっても縄跳びなんてなかなか現実的にできなかったりします。でも室内でできる運動でもOKなんです!げんこつ幅ほどに足を開いて、爪先立ちになった状態から、縄跳びを飛んでいるようなスピードで「かかとをリズミカルに上下する」だけ。

縄跳びのような上下運動で、腸を混乱させ、食欲ホルモンの放出を抑制させちゃいましょう!

 <効果をグンとUPさせるポイント>

・エクササイズの前には、少し足首を回したりアキレス腱のストレッチで準備運動をしてから行いましょう。

・呼吸は自然に行いましょう。

・膝は伸ばしきらずに、柔らかくしておきましょう。

・体重は足の親指側と小指側に均等にかかるようにして、かかとはまっすぐ上下に動かすようにしましょう。小指側に体重が乗ってしまいやすい人は、内ももを意識すると良いです。

・肩の力は抜いて、なるべく姿勢を正した状態で行いましょう。頭頂部を天井に吊られている意識を持つと良いです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング